ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 教育委員会 保健体育課 食物アレルギー・アナフィラキシー事例の収集について

食物アレルギー・アナフィラキシー事例の収集について

食物アレルギー・アナフィラキシー事例の収集について

 岡山県教育委員会は、県立学校のみならず、市町村立学校から、事例及びヒヤリハット事例を収集し、「岡山県食物アレルギー対応委員会」において協議した内容を各学校に情報提供しています。

 事例及びヒヤリハット事例を収集し周知することは、事故やヒヤリハットが発生した学校や調理場だけでなく、他の学校や調理場の教職員に対する注意喚起につながり、教職員の危機意識を高めるとともに、収集された事例から、これまで気付かなかった事故の可能性が新たに認識されることによって事故防止に役立つものです。

<様式11を使用し、報告の必要がある場合>

  1 食物アレルギー等でアナフィラキシーを起こし、救急搬送された場合
     ※アレルゲンは食物に限定しない。第一報(様式10)のFaxも必要

  2 対象児童生徒が食物アレルギーのアレルゲンに触れた場合

  3 ヒヤリハット事例
     ※対象児童生徒が食物アレルギーのアレルゲンに触れなかったが、以下の内容に当てはまる場合

 

   【報告を要するヒヤリハットの内容】

   (1)児童生徒の健康被害が生じる恐れがあった場合

   (2)類似事例が多く発生することが考えられる場合

   (3)事故防止対策のためになると考えられ、他校と共有すべき場合

 

 

食物アレルギー・アナフィラキシー事例報告書 様式(平成30年3月29日改訂)

 様式11 食物アレルギー・アナフィラキシー事例報告書 [Wordファイル/31KB]

 様式11 記入例 [PDFファイル/130KB]

救急搬送時の第一報 様式

 様式10 食物アレルギー、アナフィラキシー対応報告書(第一報) [Wordファイル/28KB]

 様式10 記入例 [PDFファイル/151KB]

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップページ 組織で探す 教育委員会 保健体育課 食物アレルギー・アナフィラキシー事例の収集について