ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 保健福祉部 医療推進課 第8次岡山県保健医療計画

第8次岡山県保健医療計画

第8次岡山県保健医療計画の策定について

保健医療計画とは

 医療法第30条の4に基づき、都道府県が策定する計画であり、本県における保健医療行政の基本となる計画です。

策定の趣旨

 急速な高齢化の進展、生活習慣病の増加などの疾病構造の変化、医療技術の高度化・専門化、県民の健康に対する意識の高揚などにより、近年の保健医療を取り巻く環境は著しく変化しています。
 国においては、今後の超高齢社会における医療政策として、「病院完結型医療」から、地域全体で治し、支える「地域完結型医療」への転換が必要であり、医療や介護が必要な状態になっても、できる限り住み慣れた地域で安心して生活を継続し、尊厳をもって人生の最期を迎えることができるようにしていくことが重要との基本方向が示されており、本県においても、これに沿って取組みを進めることが必要です。
 こうした中、県民一人ひとりが健やかで生きがいのある幸せな生活を送るためには、保健・医療・福祉が連携を取りながら、質の高いサービスを地域において切れ目なく提供するための体制を確立することが必要であり、また、患者それぞれの状態にふさわしい良質かつ適切な医療を効果的かつ効率的に提供するためには、医療機能の分化・連携を進めるとともに、退院患者の生活を支える在宅医療及び介護サービス提供体制を充実させていくことが必要です。
 これらの課題に適切に対応するため、この計画を策定します。なお、第8次「岡山県保健医療計画」の目標年次は、平成30年度からの岡山県高齢者保健福祉計画・介護保険事業支援計画と計画の見直し周期を合わせるため、改正医療法による6年の計画期間とし、国が定めた基本方針を踏まえ、策定するものです。

計画期間

 平成30年度から平成35年度までの6年間とします。
 ただし、計画期間内であっても、保健医療の動向、社会・経済情勢の変化や制度改正等に対応するため、必要に応じて検討を行い、計画を見直すこととします。

岡山県保健医療計画策定協議会の設置

 県計画の策定に当たり、保健医療関係者、住民代表、行政、学識経験者等で組織した岡山県保健医療計画策定協議会を設置しました。

岡山県保健医療計画策定協議会の開催状況

第1回 平成29年3月21日(火曜日)
 会議資料
第2回 平成29年7月4日(火曜日)
 会議資料
第3回 平成29年10月3日(火曜日)
 会議資料
第4回 平成29年11月27日(月曜日)
 会議資料
パブリック・コメント(平成29年12月19日~平成30年1月19日)資料
第7章 疾病又は事業ごとの医療連携体制の構築
第11章 地域保健医療計画(地域医療構想を含む)
第5回 平成30年2月20日(火曜日)
 会議資料

「医療及び介護の体制整備に係る協議の場」の開催状況

 保健医療計画及び介護保険事業(支援)計画を一体的に作成し、これらの計画の整合性の確保を図るため、二次保健医療圏ごとに、「協議の場」を設置し、介護施設・在宅医療等の追加的需要に関すること等について協議を行いました。
県南東部
 平成29年10月11日(水曜日)
県南西部
 平成29年10月26日(木曜日)
高梁・新見
 平成29年10月31日(火曜日)
真庭
 平成29年10月26日(木曜日)
津山・英田
 平成29年10月24日(火曜日)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップページ 組織で探す 保健福祉部 医療推進課 第8次岡山県保健医療計画