ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

(1)教育の目標と特色ある教育

■教育目標

 農業の実践教育を通して、将来の岡山県農業を担う青年農業者を育てるとともに、農業に関係する団体や企業等を支える人材を育成します。
 また、新たに農業を始める新規就農者やすでに営農を行っている一般農業者の方々を対象に経営に必要な研修を行い、就農の促進を図るとともに地域で活躍する農家を支援します。

■教育課程

 
課  程専攻コース定 員修業年限備 考
園  芸果 樹35名2年畜産課程の和牛の飼養管理実習は、畜産研究所に併設している旭分校で実施
野 菜
花 き
畜  産和 牛

 

■特色ある教育

(1)実践的な農業教育

・授業の半分は実習で、農作物の栽培や家畜の飼育などの実践を通して技術や理論を身につけます。
・2年生のプロジェクト学習では、計画から栽培・飼育、とりまとめまで学生が主体で行い、自ら考え、学び、行動する力を身につけます。

(2)充実した外部講師

・岡山県内で技術を身につけた教授スタッフに加え、岡山大学農学部、農業研究所、畜産研究所、企業経営者や専門家などを招き、最先端の技術や経営に必要な知識を身につけることができます。

(3)資格取得をサポート

・農業に必要な技能資格を取得するための研修会や勉強会を授業に組み込んでいます。

 1 大型特殊自動車免許(農耕車限定)
 2 けん引免許(農耕車限定)
 3 アーク溶接特別教育
 4 フォークリフト運転技能講習
 5 小型車両系建設機械運転特別教育
 6 刈払機取扱作業者安全衛生教育 
 7 毒物劇物取扱者
 8 危険物取扱者
 9 日本農業技術検定(1,2級)
10 フラワー装飾技能士
11 狩猟免許(わな猟)
12 家畜人工授精師(畜産課程)
13 2級認定牛削蹄師(畜産課程)
14 家畜商免許(畜産課程)

 ※1~5については、社会人も対象にしています。 

(4)先進農家との交流

・農家留学研修や校外研修などで、県内外の優れた経営をしている先進農家から農業経営のポイントを学びます。
・1年次の農家留学研修では、前期と後期合わせて1ヶ月間、先進農家の技術、経営、生活等について学びます。

(5)全寮制の学校生活

・寮での交流を通して、協調と自立の精神を養います。また、学生が自主的に運営する自治会活動(クラブ活動、農大収穫祭、寮の運営等)等を通じて、社会人として必要な資質を身につけます。

■本校学生の特典1

・平成19年度から学校教育法に基づく専修学校となりました。
・卒業時に「専門士」の称号が付与され、「短大2卒」の学歴扱いとなります。
・4年生大学への編入学の資格が与えられます。

■本校学生の特典2

・(独)日本学生支援機構(旧 日本育英会)の奨学金制度が利用できます。(高校3年時の予約も可能です。)
・卒業後、1年以内に独立・自営就農または農業法人等への雇用就農を目指す学生は、農業次世代人材投資事業(準備型:年間最大150万円の支給)が利用できます。(要件あり)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)