ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 保健福祉部 医薬安全課 難病医療費助成制度の指定医の申請の様式

難病医療費助成制度の指定医の申請の様式

難病医療費助成の指定医について

 難病法に基づく新制度では、医療費助成の申請を行う際に必要な診断書の作成は、都道府県知事が指定した医師が行うこととなります。
指定医には「難病指定医」と「協力難病指定医」の2種類が設けられており、それぞれの役割は以下のとおりです。

難病指定医  :新規及び更新の支給認定のための診断書を作成可能
協力難病指定医:更新の支給認定のための診断書の作成のみ可能

※医療費助成の対象となる特定医療は、指定医療機関の医師であれば指定医でなくても行えます。

(1)指定の要件
○難病指定医
 下記のア、イいずれかの要件を満たせば、難病指定医として申請することができます。
 法施行時の経過措置として、特定疾患の診断及び治療に従事した経験をお持ちの医師は、平成29年3月31日までに研修を受けることを条件にイの難病指定医になることができます(研修は平成27年度以降に実施の予定です)。

ア 診断又は治療に5年以上従事した経験があり、申請時点において、厚生労働大臣が定める学会が認定する専門医の資格を有していること。
イ 診断又は治療に5年以上従事した経験があり、都道府県が実施する研修(1日~2日程度の予定)を修了していること。
○協力難病指定医
・診断又は治療に5年以上従事した経験があり、下記のテキストを確認し、質問に回答すること。
(2)指定医の役割
・難病の医療費助成の支給認定申請に必要な診断書(臨床調査個人票)を作成すること。
・患者データ(診断書の内容)を登録管理システムに登録すること。
 登録管理システムは厚生労働省が開発中のもので、指定医にログイン名とパスワードを交付する予定です。

指定の申請方法

・指定医指定申請書兼経歴書
・医師免許証の写し
・専門医資格を証明する書面の写し(専門医で申請する場合のみ)
・指定医研修修了証の写し(研修修了医で申請する場合のみ)
・質問回答書(協力難病指定医で申請する場合のみ)

※他都道府県が発行した指定医指定通知の原本の添付があれば、「医師免許証の写し」「専門医資格を証明する書面の写し」は省略できます。
岡山県に主たる勤務先の医療機関の所在地がある医師は、上記の書類を岡山県に提出してください。

<申請先>(郵送ください)
 〒700-8570
  岡山市北区内山下2-4-6
   岡山県保健福祉部医薬安全課 特定保健対策班

※指定医は主に勤務をしている医療機関の所在地の都道府県に申請が必要になります。
※指定医として指定し場合は、後日、指定通知を送付し、岡山県のホームページで指定医の氏名、勤務先の医療機関名、担当する診療科名を公表します。

更新の申請

 5年毎に指定の更新申請を行ってください。県へ更新の申請がない場合、その期間の経過によって指定の効力を失います。
 研修を修了することで指定医の要件を満たしている場合、更新前に再度、研修を受けていただく必要があります。
(様式は後日掲載します)

変更の届出

 主な勤務先の医療機関の名称及び所在地、氏名、担当する診療科名等、指定申請書の記載事項について変更があったときは、県へ変更の届出を行ってください。

※主な勤務先を岡山県外に変更するときは、岡山県に辞退届出書を提出するとともに、変更後の都道府県に新規申請を行ってください。

辞退の申出

 指定医の指定を辞退しようとするとき、お亡くなりになったとき等は、県へ辞退の申出を行ってください。

お問い合わせ先

岡山県保健福祉部医薬安全課 086-226-7339

トップページ 組織で探す 保健福祉部 医薬安全課 難病医療費助成制度の指定医の申請の様式