ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 美作県民局 真庭農業普及指導センター マーケティング結果からぶどう販売戦略の提言

マーケティング結果からぶどう販売戦略の提言

 平成29年2月22日、JAまにわ久世支所でJAまにわぶどう生産組織協議会員と関係機関25名が集まり、マーケティング手法を生かした販売戦略について研修を行いました。
 この研修会は、真庭農業普及センターと美作広域農業普及指導センターが主催し、JAまにわの協力を得て開催したもので、これまでのマーケティング結果から専門家に今後の進め方について提言していただきました。
 講師から、真庭産ぶどうは、市場では高い評価が得られているにもかかわらず消費者インタビューで真庭を知らないという意見が多く、もっと情報発信する必要があるとの指摘がありました。また、出荷箱は、もっと消費者の意見を聞いてニーズに合わせたものを提供すれば、ぶどうのファンは増えるはずとの助言を受けました。
 参加者からは、共同選果の中での直売の方法を考えてほしいなど意見が出ました。
 今後、普及指導センターでは、今回の提言を生産組織協議会役員会で報告し、産地PRパンフレット作成など今回の提言の実現を支援していきます。
真庭の状況について情報説明
講師から販売戦略提言

トップページ 組織で探す 美作県民局 真庭農業普及指導センター マーケティング結果からぶどう販売戦略の提言