ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 保健福祉部 生活衛生課 加熱調理を前提とした食品(メンチカツ、ハンバーグなど)による食中毒に注意しましょう

加熱調理を前提とした食品(メンチカツ、ハンバーグなど)による食中毒に注意しましょう

「そうざい半製品」は十分な加熱が必要です

 平成28年11月、冷凍メンチカツを原因食品とする腸管出血性大腸菌O157による食中毒事例が広域で確認されています。
 この事例のような食品は、「そうざい半製品」と呼ばれる食品で、衣をつけるなど加工はされているものの、未加熱の挽肉等が使用されており、消費者が加熱調理して仕上げるものです。
 冷蔵のほか、冷凍で販売されているものもあります。
 このような食品は、内部にまで食中毒の原因となる菌等が存在するおそれがありますので、次の点に注意してください。
 
  • 中心部の色が変化するまで、十分に加熱しましょう。(中心部が75℃1分以上)
  • 未加熱の食肉調理品を触った後は、よく手を洗いましょう。
  • 加熱前後で調理器具や食器を使い分けるか、その都度洗浄・殺菌して使いましょう。

参考

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップページ 組織で探す 保健福祉部 生活衛生課 加熱調理を前提とした食品(メンチカツ、ハンバーグなど)による食中毒に注意しましょう