ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 農林水産部 林政課 平成29年度C L T等利用促進支援事業の募集をしています!

平成29年度C L T等利用促進支援事業の募集をしています!

C L T等利用促進支援事業について

~C L T(直交集成板)とは~
 C L Tとは「Cross Laminated Timber」の略称で、日本語では「直交集成板」と言います。
 ひき板を繊維方向が直交するように積層接着した重厚な木製パネルで、立てれば柱と壁、寝かせれば床となるため、非常にシンプルに建物を建てられる新たな建築資材として注目されています。

1 C L T利用施設等支援

 公共施設や不特定多数の集客が見込まれる施設等において、「C L T」を利用した建築物の木造化、木質化及び案内板やテーブル等の木製品を導入する場合に必要な経費の一部を助成します。

2 C L T利用建築物設計支援

 公共施設や不特定多数の集客が見込まれる建築物において、「C L T」を構造体として利用した建築物の設計に必要な経費の一部を助成します。

採択基準

 事業採択基準は、次に掲げる全ての事項を満たすものとする。ただし、実施要綱第2の(1)の(2)の事業については、(1)から(4)までの事項を満たすものとする。
 (1)国、県の他の補助事業の対象となっていないこと。
 (2)公共施設や不特定多数の集客が見込まれる施設等(C L Tの需要拡大につながる先駆的な施設等を含む。)を整備するものであること。
 (3)県内に整備する建築物又は木製品等であること。ただし、実施要綱第2の(1)の(2)の事業については、県産材C L Tを使用することを確約する場合はこの限りではない。
 (4)県が実施するC L T利用促進のための普及啓発(施工中の施設の見学会及び施工後(完成後)の施設の視察受け入れ等)に協力できること。
 (5)使用するC L Tは、原則として、県産材を活用して製造されたものであること。
 (6)当事業で整備した施設等の管理は、事業実施主体が主体的に行うこと。

事業実施主体

ア 市町村
イ 公共建築物等における木材の利用の促進に関する法律施行令(平成22年政令第203号)第1条各号に規定する建築物又は、その施設において利用する備品等を整備する者
(※)法律施行令第1条各号に規定する建築物は、次のとおりです。
一 学校
二 老人ホーム、保育所、福祉ホームその他これらに類する社会福祉施設
三 病院又は診療所
四 体育館、水泳場その他これらに類する運動施設
五 図書館、青年の家その他これらに類する社会教育施設
六 車両の停車場又は船舶若しくは航空機の発着場を構成する建築物で旅客の乗降又は待合いの用に供するもの
七 高速道路の通行者又は利用者の利便に供するための休憩所
ウ 商工関係団体
エ 町内会、NPO法人
オ 見学会の開催や視察の受け入れなど、C L T利用促進に協力できる者

募集期間

平成29年4月3日(月曜日)から平成29年5月31日(水曜日)17時15分まで
※ 事業実施場所を所管する県民局森林企画課必着のこと。
なお、書類審査の上、予算の範囲内で予算の配分を行います。

PRちらし

実施要綱及び実施要領

 本事業に係る要綱、要領及び申請に必要な様式は次のとおりですので御確認ください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップページ 組織で探す 農林水産部 林政課 平成29年度C L T等利用促進支援事業の募集をしています!