ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 環境文化部 感染症情報センター 「医師及び指定届出機関の管理者が都道府県知事に届け出る基準」の一部が改正されました。(平成28年11月21日改正・施行)

「医師及び指定届出機関の管理者が都道府県知事に届け出る基準」の一部が改正されました。(平成28年11月21日改正・施行)

医師及び指定届出機関の管理者が都道府県知事に届け出る基準について

「医師及び指定届出機関の管理者が都道府県知事に届け出る基準」が一部改正されました。(平成28年11月21日改正)

 この改正は、平成28年11月21日から施行されます。

【改正の概要】

 (1)二類感染症の【1 急性灰白髄炎】中の「届出基準」を変更し、2型ワクチン株ポリオウイルスによる  
   
無症状病原体保有者を届出の対象に追加

 (2)四類感染症の【22 デング熱】中の「臨床的特徴」及び「届出基準」の変更等。

 (3)四類感染症の【42 レジオネラ症】中の「検査方法」及び「検査材料」の追加等。

 (4)別記様式4-5「黄熱発生届」及び別記様式5-11「侵襲性髄膜炎菌感染症発生届」に「ワクチン接種
    歴」の記載の追加。

 (5)五類感染症の【5 クリプトスポリジウム症】及び【9 ジアルジア症】中の「届出基準」の変更等。

 (6)五類感染症の【10 侵襲性インフルエンザ菌感染症】、【11 侵襲性髄膜炎菌感染症】及び【12 侵
    襲性肺炎球菌感染症】中の「定義」及び「届出基準」の変更等。

    ・届出基準・届出様式の新旧対照表 [PDFファイル/2.03MB]  

       

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップページ 組織で探す 環境文化部 感染症情報センター 「医師及び指定届出機関の管理者が都道府県知事に届け出る基準」の一部が改正されました。(平成28年11月21日改正・施行)