ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

110番からのお知らせ

110番とは

 110番は、警察への「緊急」連絡用電話として利用して頂いております。岡山県内どこから110番しても岡山市内の岡山県警察本部通信指令課に繋がります。平成28年中の110番の総受理件数は172,772件、1日平均480件で、3分3秒に1件かかったことになります。
 110番は、緊急時に「県民と警察を結ぶホットライン」としてすっかり定着し、事件や事故等の早期解決に大きく貢献しています。
 なお、緊急を要しない困りごとやご相談については、「#9110」(フリーダイヤル)の総合相談電話をご利用いただくようお願いします。

110番は正しく利用

・ 110番は、県民の皆様方の安全を守るための「緊急電話」です。
  相談や問い合わせなど急ぎでないご用件は、近くの警察署・交番へ連絡して下さい。
・ 子供さんや飲酒した方のいたずら電話が後を絶ちません。いたずら電話は、「緊急電話」の妨げになります。いたずら電話はしないようにして下さい。

ご存じですか?警察総合相談#9110

 警察総合相談電話は、警察行政に関する県民からの意見・要望等を聞くために、設置された総合相談電話です。
 事件事故以外の緊急を要しない相談等については、110番ではなく#9110を利用してください。

メール110番・ファックス110番(言葉や耳の不自由な方へ)

「メール110番」、「ファックス110番」は、聴覚に障害がある方、または言葉が話せない方が事件や事故にあったとき、警察への緊急通報にメールまたはファックスを利用して通報するものです。
健常者の方は、通常の110番をご利用ください。

メール110番
ok110@nifty.com
メール110番(ホームページ)
http://ok110.la.coocan.jp
ファックス110番
086-251-0110

※平成28年11月10日よりメール110番(ホームページ)のアドレスが変更になっています。

110番通報時の注意点

110番通報の三つのポイント

1 あわてない 2 場所を詳しく 3 内容を詳しく
そして、警察官の質問に順番に、落ち着いて答えてください。

何があったのですか?

ケンカですか? ドロボウですか? それとも交通事故ですか?
まず、どんなことがあったのかを伝えることが大切です。

いつ、どこで?

いつのことですか? 場所は? 近くに目標になる建物は?
発生時間と場所をできるだけ正確に話してください。

どんな様子ですか?

被害は? 怪我の程度は?
事件や事故の様子を詳しく話してください。

犯人は?

何人だった? 人相着衣は? 年齢は? 背の高さは? 逃げた方向は? 目撃したとおりに話してください。

あなたの住所、氏名、電話番号は?

あなたの住所や氏名、電話番号を教えてください。

携帯電話からのかけ方

 携帯電話の急激な普及に伴い、携帯電話からの通報が全体の約7割を占めています。
 110番をかける場合、次のことに注意してください。

停車して通報を

車で走行中の通話は、道路交通法の違反となりますので、停車して通話してください。

通報後、電源を切らないで

警察から通報者へ再度連絡を取ることがありますので、通報後も電源を切らないでください。

大きな声で話を

付近の雑音で内容が聞き取りにくいことがありますので、出来るだけ大きな声で話してください。