ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

警察の取組・お知らせ

警察の取組・お知らせ

おかやま被害者支援ネットワーク

 「おかやま被害者支援ネットワーク」は、県警が事務局となり、被害者支援に関連する機関・団体が加盟する県レベルの組織です。
 各機関と連携して被害者支援を推進していくため、平成30年度は、5月に「おかやま被害者支援ネットワーク総会」を、1月に「おかやま被害者支援ネットワーク実務担当者連絡会」を開催しました。
おかやま被害者支援ネットワーク総会の写真

犯罪被害者支援フォーラム2018 in おかやまの開催について

「犯罪被害者週間」(11月25日から12月1日まで)に合わせ、犯罪被害者等が置かれている状況や支援の必要性について、広く県民の皆様に理解していただくため、平成30年11月25日(日曜日)「ピュアリティまきび」において、「犯罪被害者支援フォーラム2018 in おかやま」を開催しました。
 フォーラムでは、大阪教育大学附属池田小学校児童殺傷事件で娘さんを亡くされたご遺族による講演のほか、大学生ボランティア「あした彩」による活動報告等が行われました。
フォーラム開催状況の写真

犯罪被害者支援大学生ボランティア連絡会「あした彩」

 あした彩は2017年11月21日に岡山県内10大学が集まり結成された「犯罪被害者支援大学生ボランティア連絡会」です。犯罪被害者遺族講演を開催するなど、各大学それぞれが活動を行うだけでなく、全大学が集結し、意見を出し合い、様々なボランティア活動を行っています。
 「あした彩」という名は、「暖かい心の絵の具で、闇に包まれた方の心に、明日へと続く光の道を描くお手伝いをして欲しい」という遺族の言葉から生まれました。
 「あした彩」の活動については、下記ファイルをご覧下さい。

岡山県産婦人科医会との協定締結

 岡山県警察では、岡山県産婦人科医会との協力態勢を保持し、性犯罪捜査活動及び性犯罪被害者等への支援に対する協定を締結し、精神的・経済的負担を強いられている性犯罪被害者等の二次的被害の防止に取り組んでいます。

心と命の教育活動

 岡山県警察では、岡山県、NPO法人おかやま犯罪被害者サポート・ファミリーズ、教育庁との協働により、犯罪被害者や少年補導員が、将来を担う小学生・中学生・高校生等の若い世代に対して、直接、命の大切さや社会規範意識の向上を訴え、その浸透を図っていくことを目的とする『心と命の教育活動』を行っています。
花の写真

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)