ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 備中県民局 備北広域農業普及指導センター H28.10 新見地域6次産業化研修会を開催

H28.10 新見地域6次産業化研修会を開催

 10月25日、備中県民局新見地域事務所で、「消費者に選ばれる加工品づくり」と題して研修会が開催された。新見市内の集落営農組織や加工グループ、6次産業化に関心のある農業者、備北広域6次化ふぇの関係者など23人が参加した。
 岡山市内でデザイン関連会社(株式会社あしたねBoo)を経営する山本ケイジロウ氏を講師に迎え、食のトータルデザイナーとして雑誌やホームページ、パッケージデザインを手がけている経験の中から、「製品づくり(レシピ)の段階からデザインは始まっている。どこをめざし、誰に、どう売るかを考え、消費者を見据えたデザイン展開をすることが大事である。」「売り先によって商品の見せ方が違う。」など具体的な事例を交えた話があった。さらに直売所では売り場のデザインを総合的に見ることも大切であるといった話もあり、参加者からは「具体的に商品の改善点を提示しながらの話はわかりやすく、参考になった。」との声もあり、デザインの奥深さがうかがえた。
 普及センターでは今後も関係機関と連携して6次産業化の推進を図る。
研修会の様子
商品に講師が助言

トップページ 組織で探す 備中県民局 備北広域農業普及指導センター H28.10 新見地域6次産業化研修会を開催