ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 備中県民局 備北広域農業普及指導センター H27. 10 びほく農協トマト部会でレベルアップ現地研修会を実施

H27. 10 びほく農協トマト部会でレベルアップ現地研修会を実施

 びほく農協トマト部会(80戸、12.5ha)は、10月6日(木曜日)に就農年数が5年以内の部会員と就農研修生などを対象とした現地研修会を高梁市備中町湯野で開催した。
 部会では今まで支部内活動が中心で、他支部と合同の研修をする機会がなかったが、普及指導センターから部会役員に働きかけ、湯野支部の研修に他支部も参加した現地研修会を行った。
 夏秋トマト終盤の管理技術向上と次年度の栽培に繋げることを目的として、優良管理園と新品種栽培園(2か所)の3か所を見学し、参加者は病害虫が少ない茎葉や土づくりに感心したり、新品種の着果状況や果実肥大を確認し、気になった点を園主に質問していた。
 普及指導センターからは、視察園地の栽培概要や管理のポイント、新品種の栽培状況、終盤に向けた管理を説明し、支部長から「今回の研修会を活かし、最後までキッチリとした管理を実践して、今着果している果実を全部出荷しよう」と激励があり、出席者は今後の出荷にやる気を見せていた。
 参加者からは「果実の肥大、病害虫の少なさ、行き届いた管理等参考になった。また、他支部の栽培者と意見交換会でき、出席してよかった」との感想があった。
 普及指導センターでは今年度2回の現地研修会を部会、びほく農協とともに開催し、参加者からは良好な意見が多く、今後も就農年数の浅い生産者の技術向上を目指すとともに、支部をこえた参加者の連携を深めることを目標に活動していく。
トマトほ場視察
ほ場概要と栽培説明

トップページ 組織で探す 備中県民局 備北広域農業普及指導センター H27. 10 びほく農協トマト部会でレベルアップ現地研修会を実施