ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 美作県民局 真庭農業普及指導センター ぶどう消費地の米子市でぶどう井戸端会議を開催

ぶどう消費地の米子市でぶどう井戸端会議を開催

1 市村(地区) 真庭全域(北房を除く)

2 内容
 真庭農業普及指導センターは、10月13日、米子市東亜青果(株)において、女性職員を対象としたぶどうのグループインタビューを開催しました。
 普及指導センターでは、JAまにわぶどう生産組織協議会のマーケティングに基づく販売戦略作成を支援していますが、想定している消費ニーズが正しいかどうか検証するため実施しました。
 当日は、米子市内消費者として東亜青果職員5名とJA担当者・生産組合役員・普及センター職員など関係者9名が参加し、関係者は消費者の意見交換の妨げにならないよう別室でモニターにより消費者の意見を聞きました。消費者には、ぶどう購入時のポイントや気になる点などを自由に話してもらいました。
 鮮度や酸味の問題、店頭でのパッケージの改善点のほか、オーロラブラックとピオーネの試食では、甘いが皮離れが気になるなどの意見が出ました。
 今後、普及センターでは、この結果をまとめ、11月開催のぶどう生産者大会で報告し、今後の販売戦略に役立てていきます。
ぶどう試食で会話が弾む参加者
パッケージの意見を述べる参加者

トップページ 組織で探す 美作県民局 真庭農業普及指導センター ぶどう消費地の米子市でぶどう井戸端会議を開催