ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 県民生活部 人権施策推進課 人権啓発DVD【149.こんにちは金泰九さん~ハンセン病問題から学んだこと~】

人権啓発DVD【149.こんにちは金泰九さん~ハンセン病問題から学んだこと~】

DVDの貸し出しを希望される方は「お問い合わせ先」に御連絡ください。なお、状況により貸し出しできない場合があります。

タイトル

149.こんにちは金泰九さん~ハンセン病問題から学んだこと~(DVD)

制作、制作年

映学社、2015年制作

時間

25分

主なテーマ

ハンセン病問題

概要

今、ハンセン病問題は大きな課題に直面しています。長島愛生園でも、現在260名程の入所者が療養生活を送っていますが、平均年齢が83歳と高齢化し、毎年数10名ほどが亡くなっています。
 ハンセン病に対する厳しい差別、その悲しい歴史とその中を生き抜いた人々の歴史が風化しないように伝えていきたい - 広島県福山市にある盈進中学高等学校ヒューマンライツ部では、らい予防法が廃止された翌年の1997年から同園を訪問、入所者の苦しみや悲しみの人生から「生きる意味」や「生き抜いた証」を聞き取る体験学習を続けています。そうした活動の中で、現在中学2年生の後藤泉稀さんが中学1年生の時に書いた“ハンセン病から学んだこと”についての作文が、第33回全国中学生人権作文コンテストで法務大臣賞を受賞しました。
 そこで、この作品は、その作文の内容を映像化することで、かつてハンセン病を患った人たちや、ご家族への人権侵害の歴史を二度と繰り返さないように強く訴えかけていくものです。
DVD表紙

お問い合わせ先

岡山県人権施策推進課
電話:086(226)7406

トップページ 組織で探す 県民生活部 人権施策推進課 人権啓発DVD【149.こんにちは金泰九さん~ハンセン病問題から学んだこと~】