ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 美作県民局 真庭農業普及指導センター 集落営農法人が専門家と将来の経営について考える

集落営農法人が専門家と将来の経営について考える

1 市町村名

 真庭市

2 内容

 8月17日(水曜日)、真庭市役所北房振興局に中小企業診断士、(農)ひら田営農役員、関係機関が集まり、現状の経営診断と将来の経営の見通しについて話し合いました。
 中小企業診断士からは、「作業受託と飼料米の生産で安定しているが、機械更新やオペレーター確保の財源が不足」「収益力の向上のために規模拡大が必要」と経営診断の結果が説明されました。
 普及センターからは、財源確保に必要な経営面積や規模拡大時の労働時間の見通しについて助言しました。
 役員からは、「他の集落営農組合に囲まれており、農地面積が限られてます。作業受託料金や作業受託と飼料米作付けの面積配分を見直していく」「オペレーター確保のために時給の見直しや他の組織との協力を考えていきたい」と意見が出ました。
 普及センターは今後も、経営診断や研修会を通じて集落営農法人の経営発展のための支援を行います。

3 特記事項・補足事項   

<(農)ひら田営農概要>
所 在 地:真庭市上水田
設  立:平成25年2月1日
H27経営規模:
 営農部門:飼料用米(Sgs)160アール 
 作業受託:耕起・代掻き557アール
      田植え642アール
      収穫635アール
      他 除草・防除・施肥
先生の説明を聞く(農)ひら田営農の役員

トップページ 組織で探す 美作県民局 真庭農業普及指導センター 集落営農法人が専門家と将来の経営について考える