ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 備前県民局 東備農業普及指導センター 備前市産いちじく出荷始まる(8月25日)

備前市産いちじく出荷始まる(8月25日)

 JA岡山東備前市いちじく部会は8月21日から備前市特産いちじく「桝井ドーフィン」の出荷を始めた。生産者が早朝から収穫したいちじくが東鶴山の集出荷場に集められ、共同選果が行われる。今年は晴天が続いたため目立った病気の発生もなく、甘い果実が収穫されている。
 4パック(450g/パック)入りのケースを選果員が選果し、岡山市と備前市の市場に出荷する。出荷は9月中旬から10月上旬にかけて最盛期となり、11月上旬まで続く見込みである。
 普及センターでは、病害虫対策のための接ぎ木苗の導入指導や、栽培指導を行っている。

特記事項・補足事項
 ・部会員19名で2haの栽培面積である。
 ・昨年の出荷量は約20t。
選果の様子1
選果の様子2

トップページ 組織で探す 備前県民局 東備農業普及指導センター 備前市産いちじく出荷始まる(8月25日)