ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 総務部 税務課 個人事業税について

個人事業税について

事業を行う場合には、道路などの各種公共施設を利用し、また、行政サービスを受けています。そこで、その経費の一部を負担していただくため、個人事業税が課税されます。

納める人

県内に、事務所・事業所を設けて次の法定業種の事業を行っている個人の方が対象です。
(事務所又は事業所を設けていない場合は、その事業を行う者の住所又は居所のうちその事業と最も関係の深い場所を事務所又は事業所とみなし、事業税が課されます。)

区分

税率

事業の種類

第一種事業
(37業種)

5%

物品販売業保険業金銭貸付業物品貸付業
不動産貸付業製造業電気供給業土石採取業
電気通信事業運送業運送取扱業船舶ていけい場業
倉庫業駐車場業請負業印刷業
出版業写真業席貸業旅館業
料理店業飲食店業周旋業代理業
仲立業問屋業両替業公衆浴場業(温泉、サウナ等)
演劇興行業遊技場業遊覧所業商品取引業
不動産売買業広告業興信所業案内業
冠婚葬祭業 

第二種事業
(3業種)

4%

畜産業水産業薪炭製造業 

第三種事業
(30業種)

5%

医業歯科医業薬剤師業獣医業
弁護士業司法書士業行政書士業公証人業
弁理士業税理士業公認会計士業計理士業
社会保険労務士業コンサルタント業設計監督者業不動産鑑定業
デザイン業諸芸師匠業理容業美容業
クリーニング業公衆浴場業(銭湯)歯科衛生士業歯科技工士業
測量士業土地家屋調査士業海事代理士業印刷製版業
3%あんま・マッサージ又は指圧・はり・きゅう・柔道整復その他の医業に類する事業
装蹄師業 

不動産貸付業及び駐車場業については、「不動産貸付業及び駐車場業の認定基準について」をご覧ください。

税額の計算方法

個人事業税の税額は、次の算式により計算されます。

前年の事業の総収入額 

   

事業の必要経費               (専従者控除を含む)

事業所得金額

事業所得金額

その他の控除               (損失の繰越控除等) 

事業主控除
290万円

 課税標準額

課税標準額

×

税率(5%)

税 額

 所得税で青色申告した方の「青色申告特別控除(通常10万円又は65万円)」は、事業税では適用がありません。

各種控除

(1) 事業主控除
   年額290万円
   年の中途で事業を開始又は廃止した場合は、月割計算した金額が控除されます。

(2) 事業専従者控除
   事業主と生計を一にする15歳以上の親族でもっぱらその事業に従事する人がいる場合は、次の金額が必要経費とされます。
    ○青色申告をした方:青色事業専従者に支払われた適正な給与額
    ○白色申告をした方:事業専従者一人について次の(1)又は(2)のいずれか低い方の金額
       (1) 50万円(配偶者の場合は、86万円)
       (2) 事業専従者控除前の事業所得金額÷(事業専従者数+1)
(3) その他の控除
    1)損失の繰越控除(青色申告をした方のみ)
    2)被災事業用資産の損失の繰越控除
    3)事業資産の譲渡損失控除
    4)事業資産の譲渡損失の繰越控除(青色申告をした方のみ)

納税

・県から送付される納税通知書(納付書)により8月と11月の2回に分けて納めていただきます。
 ただし、年税額が1万円以下の場合は8月に一括して納めていただきます。
・納税通知書(納付書)は、8月と11月の10日頃に発送します。納期限は、各月の末日(末日が土日祝日の場合、翌平日)です。
・所得税の修正申告を提出された方などは、その都度、納税通知書を送付しますので、別に定める納期限までに納めていただきます。
・口座振替制度を御利用される方は、所管の県民局税務部へお尋ね下さい。

問い合わせ先

事務所名直通電話番号郵便番号所在地管轄区域
備前県民局
税務部直税課
(086)233-9815700-8604岡山市北区弓之町6-1

岡山市、玉野市、備前市、
瀬戸内市、赤磐市、和気町、
吉備中央町

備中県民局
税務部課税課
(086)434-7058710-8530倉敷市羽島1083

倉敷市、笠岡市、井原市、
総社市、高梁市、新見市、
浅口市、早島町、里庄町、
矢掛町

美作県民局
税務部課税課
(0868)23-1272708-8506津山市山下53津山市、真庭市、美作市、
新庄村、鏡野町、勝央町、
奈義町、西粟倉村、久米南町、
美咲町

よくあるご質問について


トップページ 組織で探す 総務部 税務課 個人事業税について