ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

高瀬川ダム

◆ 高瀬川ダムの概要及びダム建設の背景 ◆

高瀬川ダムの全景写真
 高瀬川ダムは、高梁川水系西川支川高瀬川の岡山県西北端、新見市神郷釜村地内に位置しており、洪水調節、上水道の取水、既得取水の安定化及び河川環境の保全などを目的として建設された多目的ダムであり、ゲート操作を行わない自然調節方式のダムとしては、鳴滝ダムとならび岡山県では最初に作られたダムです。また、ダム管理用の水力発電設備が設置された全国で最初のダムです。
 
 高瀬川ダム建設前の高梁川下流部においては、大正年間に内務省直轄で改修工事が完成していたため、昭和9年の室戸台風や昭和20年の枕崎台風等にも十分対処できましたが、高梁川の上流部から中流部にかけては、河川改修等が遅れていたため、昭和47年7月の豪雨では近年まれにみる大出水となり、その被害は死者1名、家屋全半壊61戸、浸水家屋1572戸、流失田畑84ha、国鉄伯備線においては1ヶ月間の不通といった甚大な被害がもたらされました。
 このため西川及び高梁川治水計画の一環として、洪水被害の軽減等を目的に高瀬川ダムが建設されました。

高瀬川ダムの役割

 洪水調節

ダム地点の計画高水流量240m3/秒のうち、210m3/秒の洪水調節を行い、下流流域への洪水被害の軽減を図ります。

 既得取水の安定化及び河川環境の保全

ダム下流の河川用水の補給、水質、動植物の生息等河川環境の保全などのために、既得取水の安定化及び河川環境の保全を図ります。

 水道用水

水道用水として日量80,000m3を供給します。

 発電

ダムの放流水を利用して最大出力280キロワットの発電を行います。

高瀬川ダムの諸元

ダ ム 及 び 貯 水 池 諸 元

河 川 名

高梁川水系西川支川高瀬川

放流設備

 

位置

左岸

新見市神郷釜村

非常用洪水吐

巾11.5m×高2.8m 2門

 

右岸

新見市神郷釜村

巾13.5m×高2.8m 2門

 

調 査

昭和48年度から50年度

常用洪水吐

φ1.95m×1門

 

建 設

昭和51年度から56年度

利水放流設備

ジェットフローゲート

 

ダ        ム

φ400mm×1門

 

ダム名

高瀬川ダム

選択取水設備

1号取水管 φ400mm

 

型式

重力式コンクリートダム

2号取水管 φ400mm

 

堤高

67.0m

3号取水管 φ800mm

堤頂長

273.6m

貯  水  池

堤体積(減勢工含む)

188,000m3

集水面積

21.6km2

天端標高

標高494.50m

湛水面積

0.28km2

越流部標高

標高490.70m

総貯水容量

4,530,000m3

法勾配

上流面

標高461.00以上

垂直

有効貯水容量

4,080,000m3

標高461.00以下

1対0.35

洪水調節容量

3,500,000m3

下流面

1対0.75

利水容量

580,000m3

ダムサイト地質

流紋岩

堆砂容量

450,000m3

計  画  概  要

設計洪水位

標高493.50m

標高490.70m

設計洪水量

520m3/s

(サーチャージ水位)

計画高水流量

240m3/s

常時満水位

標高469.70m

最大放流量

30m3/s(最大50m3/s)

計画堆砂位

標高461.00m

管理用発電設備

横軸フランシス水車

発電最大出力

280キロワット

高瀬川ダム建設のあゆみ

 昭和48年度      予備調査開始
 昭和51年度      ダム本体工事に着手
 昭和56年度      ダム竣工
 昭和57年度      ダム運用開始

高瀬川ダム建設写真

高瀬川
建設前建設中建設中

建設前

建設中

建設中

完成

完成

高瀬川ダム周辺のイベント情報

・グリーンミュージアム神郷
 施設内には、オートキャンプ場、神郷温泉、交流山村体験館、多目的広場、全天候方ゲートボール場&テニスコート、ふれあい交流広場等があります。 

・しんごう湖畔マラソン(主催:新見市しんごう湖畔マラソン大会実行委員会)
  開催時期 11月上旬
  会場:グリーンミュージアム神郷及び周辺

 ・デュアスロンinしんごう(主催:神郷デュアスロン実行委員会、岡山県トライアスロン協会)
  開催時期 10月上旬
  会場:グリーンミュージアム神郷及び周辺

高瀬川ダムの位置

高瀬川ダム管理所
 住所  新見市神郷釜村634