ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 保健福祉部 生活衛生課 「意見交換会 遺伝子組換え食品について考えよう!」を開催しました

「意見交換会 遺伝子組換え食品について考えよう!」を開催しました

「意見交換会 遺伝子組換え食品について考えよう!」を開催しました

 岡山県では、食の安全・安心に関するリスクコミュニケーションを推進しています。
 今回は、「遺伝子組換え食品」をテーマに意見交換会を開催しました。

日時

 平成28年7月14日(木曜日)
  14時00分から16時00分

場所

 ピュアリティまきび
  (岡山市北区下石井2-6-41)

参加者

 岡山県食の安全・安心に関するリスクコミュニケーター、一般消費者等 28名

内容

◆情報提供
(1)遺伝子組換え技術等の先端技術の農業・食品への応用について
  農林水産省 農林水産技術会議事務局 研究企画課 課長補佐 坂本匡司
(2)岡山県で実施している遺伝子組換え食品の検査について
  岡山県環境保健センター 衛生化学科 研究員 北村雅美
◆意見交換
   

資料・議事録など

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップページ 組織で探す 保健福祉部 生活衛生課 「意見交換会 遺伝子組換え食品について考えよう!」を開催しました