ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

会員・青年農業者訪問会開催

1 真庭市全域

2 内容
 7月5日、真庭地方農業士会、真庭農企業者クラブ、真庭新農業経営者クラブ連絡協議会、真庭地域農林業担い手育成確保対策協議会は共催で、会員と青年農業者の訪問会を開催し、各会員、就農アドバイザー、関係機関等18人が参加しました。
 この訪問会はお互いの経営状況等の視察と情報交換、青年農業者の激励を目的に開催しているもので、今回は真庭市北房地域で開催し、農業士2人、農企業者クラブ員1人、本年度中にぶどうでの就農を目指して研修中の青年1人を訪問しました。
 会員訪問では、メタン発酵処理施設で発生する消化液の水稲液肥利用実証に取り組んでいる事例、トマトの法人を作り青年農業者の育成に取り組んでいる事例、障害者雇用に取り組む苗物経営の事例などそれぞれが特色ある経営に取り組んでいる状況を見ることができ、参加者からは「井の中の蛙にならないよう、他人の経営を見ることは大切だ」との声が聞かれました。
 また就農を目指す青年の研修先では、研修の様子を聞いたり就農に向けたアドバイスなども行いました。
 普及指導センターでは、訪問会や研修会開催の支援をとおして、会員相互の情報交換を図るとともに、新規就農支援に対する意識啓発と資質向上を図っています。

3 特記事項・補足事項

4 関連事業
 地域農林漁業担い手育成対策協議会事業
水稲実証ほ場の説明に聞き入る参加者
就農を目指す青年の研修先を訪問