ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 総務部 財産活用課 県庁舎ミュージックサイレンの写真と音源を掲載しています

県庁舎ミュージックサイレンの写真と音源を掲載しています

県庁舎ミュージックサイレン

県庁舎が完成した昭和32年から岡山の街に時を告げてきたミュージックサイレンは、平成28年8月末日をもって、毎日定時及び年末年始の吹鳴を終了しました。
このページでは、ミュージックサイレンに関する写真や音源を掲載しています。

経緯

○昭和32年3月 ミュージックサイレン設置
 「山青く、水清らかな岡山県を、耳にもまたなごやかな岡山県に」と、現在の県庁舎が完成した際に「時報装置」として設置しました(音響到達範囲5km)。
 当時の三木行治知事(故人)の意向で庁舎完成前から「新庁舎サイレン選考委員会」が置かれ、機種や曲目を選考しました。
○平成3年4月 ミュージックサイレン更新
 初代機の老朽化に伴い新型機に更新。音階が12音から16音になりました。
○平成28年8月 メーカーのメンテナンス対応が全面終了することから、メロディーを奏でる定時の吹鳴を終了しました。

完成当時の県庁舎(昭和32年)

県庁舎屋上からの展望(北側)

(南側)

県庁舎の完成当時県庁舎からの展望(北)県庁舎からの展望(南)

構造及び外観

 箱の中に2枚1組のディスクが16組(初代機は12組)納められています。各ディスクには、穴が空いていて内側の輪が高速で回転し、穴が重なった瞬間送り込まれた空気が通過して音が発生します。
 それぞれ穴の数、大きさや回転数が異なる16組のディスクで16音階が表現でき、その組み合わせで音楽となって人々の耳に届きます。

初代機(昭和32年~平成3年)

ミュージックサイレン初代機

2代目(平成3年~平成28年)

カバーを外した状態

設置時(平成3年)

ミュージックサイレン写真ミュージックサイレン2代目ミュージックサイレン設置写真

吹鳴曲目

○ 定時の吹鳴
 平成9年3月まで 毎日7時「朝」、毎日12時「菩提樹」、毎日17時「家路」、毎日21時「子守歌」
 平成9年7月から 毎日12時「菩提樹」、毎日17時「家路」

○ 年末年始の特別吹鳴
 12月31日24時「蛍の光」、1月1日7時「君が代」

次のリンクをクリックしてお聴きください。
ミュージックサイレン楽譜(昭和32年当時)

「朝」 「家路」

「子守歌」 「菩提樹」

「君が代」 「蛍の光」

楽譜 朝 家路 楽譜 子守歌 菩提樹楽譜 君が代 蛍の光

トップページ 組織で探す 総務部 財産活用課 県庁舎ミュージックサイレンの写真と音源を掲載しています