ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 環境文化部 自然環境課 ツキノワグマにご注意!

ツキノワグマにご注意!

ツキノワグマにご注意!

去る5月27日、秋田県においてツキノワグマによる人身被害の発生がありました。タケノコ採りに出かけた女性が襲われたものですが、これからの季節、山菜採りやレジャーなどで山に入る機会も増えるかと思います。岡山県においても、現時点で、ツキノワグマの大量出没のあった昨年よりは少ないものの、これまでで2番目に多いクマ出没の目撃情報が寄せられています。山などへお出かけの際には、最寄りの市町村役場などを通じ、そういった情報を十分把握いただくとともに、下記のホームページなどでクマの生態についても理解した上で、身の安全に心掛けてください。

ツキノワグマ

ツキノワグマの出没件数

ツキノワグマと出遭わないために

 ツキノワグマの被害を未然に防ぐには、クマと出遭わないことが一番です。家の近くにクマを引き寄せないようにするため、クマの餌となる生ゴミなどは放置しないでください。また、集落に、収穫しない果樹などがある場合は注意が必要です。 また、クマと出遭う可能性が最も高まるのは早朝や夕方です。山に入る際には、鈴を鳴らしたりラジオをつけるなど、音を出してクマに人間の存在を知らせるようにしてください。ただし、「音を出しているから安全」という訳ではありません。沢などで鈴の音がクマに届かない可能性もあります。常に注意を怠らないようにしてください。

クマと遭遇してしまった時は

 もし、クマと遭遇したら、落ち着いて行動することが大切です。遠くにクマを見つけたら、静かにその場を離れましょう。クマが近づいてきたら、クマの動きに注意しながら、背中を見せないようゆっくりと後退してください。クマは逃げるものを追う習性があるので、背中を見せて走って逃げるのは大変危険です。大声を出したり、石を投げてクマを刺激することもかえって危険です。また、子グマのそばには必ず母グマがいますので、子グマと出会っても近づかないでください。なお、目撃情報などがありましたら、最寄りの市町村や県民局などに連絡をお願いします。




  

関連情報

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップページ 組織で探す 環境文化部 自然環境課 ツキノワグマにご注意!