ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 農林水産部 林政課 森林認証・認証材の普及促進について

森林認証・認証材の普及促進について

森林認証制度

 森林認証制度とは、独立した第三者機関によって作成された基準に基づき、森林の適正な管理を審査・認証し、そこから生産された木材製品等にラベルを付けることにより、消費者の選択的な購買を通じて、持続可能な森林経営を支援する制度です。
 国際的な森林認証制度としては、FSCとPEFCの2つがあります。我が国独自の森林認証制度である(一社)緑の循環認証会議(SGEC)は、国際制度としての発展を目指して、PEFCとの相互承認を取得しました。
認証の種類
FM認証CoC認証

責任ある森林管理のために一定の基準をクリアした林業経営・森林管理に与えられる認証

Forest Management(森林管理)

各流通の過程で、非認証製品が誤って混入することを防ぐために、認証製品を取り扱う加工業者や流通業者が取得する認証

Chain of Custody(管理の連鎖)

森林認証の仕組み

森林認証・認証材普及促進事業

 国際的な木材取引においては、森林認証材が標準となりつつあり、東京オリンピック・パラリンピック競技大会の選手村や競技施設の整備等においても、国際基準に合致した森林認証制度(FM認証・CoC認証)に基づく認証材が採用される見込みです。
 このため、森林認証制度の普及を図るとともに、認証の取得に対して支援することにより、本県における森林認証材の供給体制を構築し、県内外のCLT建築物等への活用を通じて、認証製品の販路拡大と県産材の需要拡大を図ります。

これまでの取り組み

平成27年度
FM認証取得支援

岡山県森林認証・認証材普及促進協議会

・認証規格:SGEC

・認証面積:32507.25ha

・構成員:岡山県、津山市、真庭市、新庄村、公益社団法人おかやまの森整備公社

CoC認証取得支援素材生産業者等4社、1グループ

平成28年度
FM認証取得支援

岡山県森林認証・認証材普及促進協議会

・認証規格:SGEC

・認証面積:40320.12ha

・構成員:岡山県、津山市、真庭市、新庄村、公益社団法人おかやまの森整備公社

西粟倉村

CoC認証取得支援素材生産業者等8社、1グループ

 


林政課の業務一覧表へ戻る

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップページ 組織で探す 農林水産部 林政課 森林認証・認証材の普及促進について