ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 教育委員会 文化財課 平成28年度の国指定文化財等

平成28年度の国指定文化財等

平成28年11月29日 登録有形文化財(建造物)の登録

登録有形文化財(建造物)の登録 旧勝田郡役所庁舎

よみきゅうかつたぐんやくしょちょうしゃ
員数1件
所在地勝田郡勝央町勝間田
所有者

勝央町

概要

 旧勝田郡役所庁舎は、出雲往来勝間田宿の旧脇本陣の敷地に建つ。明治45年(1912年)4月に竣工したが大正15年(1926年)に廃庁し、昭和17年(1942年)には勝田地方事務所として再利用され、翌年に正面東の建物が北に5間増築される。昭和29年(1954年)の勝央町誕生により勝央町役場として利用され、昭和57年(1982年)の新庁舎建築に伴い廃庁となる。翌年、室内を展示用に改修して勝央町郷土美術館として開館し、平成14年(2002年)まで利用される。
 木造二階建の洋風建築で、寄棟式の屋根に桟瓦を葺く。正面中央の玄関上部を塔屋とし、その背後から西寄りのみを二階建てとして、2階に議場を配す。議場は、幅広の格天井を張る様子が良く残る。塔屋の屋根はカラーステンレス板で葺かれており、軒先には千鳥破風のペディメントを配するなど、細部意匠も凝った一面を見せる。庁舎の外壁は下見板張、腰部を竪羽目板張としてアクセントをつける。
 岡山県では唯一残された郡役所であり、地方における行政庁舎の近代化の様相を示す建造物として貴重である。

登録の基準

一 国土の歴史的景観に寄与しているもの

旧勝田郡役所(北西から)

      旧勝田郡役所庁舎(北西から)

登録有形文化財(建造物)の登録 旧木村家住宅土蔵 

よみきゅうきむらけじゅうたくどぞう
員数1件
所在地勝田郡勝央町勝間田
所有者

勝央町

概要

 木村家は、代々出雲往来勝間田宿の本陣を務めており、江戸時代末期にこの地に分家され脇本陣も務めるようになったとされる。脇本陣の建物は、昭和45年(1912年)の勝田郡役所庁舎新築に際して大部分が取り壊され、旧木村家住宅土蔵が唯一残された。
 土蔵造二階建で、1・2階ともに一室とし、切妻式の屋根で桟瓦を葺く。切石積基礎の上に、壁の大部分は海鼠壁として特徴ある外見を見せる。
 土蔵は、勝間田宿旧脇本陣の建造物として残された唯一の遺構で、参勤交代の要衝でもあった宿場町の景観を今に伝える建造物として貴重である。

登録の基準

二 造形の規範となっているもの

旧木村家住宅土蔵(北西から)

      旧木村家住宅土蔵(北西から)

平成28年11月18日 登録有形文化財(建造物)の登録を答申

登録有形文化財(建造物)の登録答申 西大寺牛玉所殿 本殿・釣殿及び拝殿

 
よみさいだいじごおしょでん ほんでん・つりどのおよびはいでん
員数1件
所在地岡山市東区西大寺中
所有者宗教法人 西大寺
概要 邑久大工の作になる複合社殿で拝殿、本殿とも入母屋造本瓦葺。本殿上には楼閣を設ける。拝殿は三手先、本殿は二手先で、本殿は二軒で地を並行垂木、飛檐を扇垂木とする珍しい形式。本殿天井は未完であり、楼閣を支える複雑な小屋組を見せている。
登録の基準二 造形の規範となっているもの
 

本殿・釣殿及び拝殿

西大寺牛玉所殿 本殿・釣殿及び拝殿

 

登録有形文化財(建造物)の登録答申 西大寺牛玉所殿 奥殿

 
よみさいだいじごおしょでん おくでん
員数1件
所在地岡山市東区西大寺中
所有者宗教法人 西大寺
概要 本殿・釣殿及び拝殿の奥に南面して建つ。一間社、宝形造、本瓦葺で、本殿背後の石垣上の高い位置にあり、もとは本殿であった。軒は二軒繁垂木で、一間四方の小ぶりな社殿であるが、三方に縁を廻らし、脇障子を設け、向拝周り、組物等に濃密な意匠を備える。
登録の基準二 造形の規範となっているもの
 

奥殿

西大寺牛玉所殿 奥殿

 

平成28年7月25日 重要文化財(建造物)の指定

重要文化財(建造物)の指定 高梁川東西用水取配水施設 酒津取水樋門、南配水樋門、北配水樋門、事務所 附 文庫1棟(事務所附)、用水工事竣功記念碑1基

よみたかはしがわとうざいようすいしゅはいすいしせつ さかづしゅすいひもん、みなみはいすいひもん、きたはいすいひもん、じむしょ
員数3基1棟
所在地倉敷市酒津
所有者

高梁川東西用水組合

建築の時代

大正13年(1924年) 樋門
大正15年(1926年) 事務所

概要

 高梁川東西用水取配水施設は、高梁川の下流に位置する農業用水施設である。治水を目的とした高梁川改修工事の一環として実施され、樋門は内務省大阪土木出張所の設計により大正13年に、事務所は同15年に竣工した。樋門はいずれも鉄筋コンクリート造で、酒津取水樋門は表面全体に花崗岩の切石を積む荘重な外観とし、南配水樋門は15連からなる大規模な構造物である。
 高梁川東西用水取配水施設は、近世以来の小規模な取水施設を統合して、水利用の合理化と施設の大規模化が図られた近代農業用水施設のうち、大正期における最大規模のものとして重要である。また、大正期に全国的に導入が進められた鉄筋コンクリート造樋門の現存例としても貴重で、農業土木技術史上価値が高く、土地とあわせて保存を図る。

南配水樋門

             南配水樋門

重要文化財(建造物)の指定 旧苅田家住宅 主屋、三階蔵、米蔵、前蔵、西蔵、大蔵、醤油蔵、新蔵、巽門及び浴室、裏門 附 祈祷札2枚(主屋附)、棟札1枚(三階蔵附)、棟札1枚(米蔵附)、祈祷札1枚(西蔵附)

よみきゅうかんだけじゅうたく おもや、さんがいぐら、こめぐら、まえぐら、にしぐら、おおぐら、しょうゆぐら、しんぐら、たつみもんおよびよくしつ、うらもん
員数10棟
所在地津山市勝間田町
所有者

津山市

建築の時代江戸時代中期から明治
概要 旧苅田家住宅は、旧津山城下の商家町である津山市城東伝統的建造物群保存地区の西部に所在する。苅田家は江戸時代中期に当地で酒造業を始め、江戸時代末期には城下屈指の大店となり、周囲の敷地を取り込みつつ主屋の増築や土蔵群の整備がなされた。主屋は間口14間の町家で、旧城下の町家で最大規模を誇る。内部は充実した接客空間を有し、望楼をもつ二階座敷には近代的な趣向も認められる。
 旧苅田家住宅は、主屋の海鼠壁を用いた外観構成などが当地方における町家建築の典型を示すとともに、屋敷構えも江戸時代以降継続して営んだ酒造業の繁栄とともに発展した過程を示しており、当地方を代表する商家の住宅として、歴史的価値が高い。

旧苅田家住宅

        旧苅田家住宅 主屋


トップページ 組織で探す 教育委員会 文化財課 平成28年度の国指定文化財等