ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 美作県民局 真庭農業普及指導センター 真庭地方農村生活交流グループ協議会6次産業化研修開催

真庭地方農村生活交流グループ協議会6次産業化研修開催

1 市町村名
 真庭市、新庄村

2 内容
 4月26日、真庭地方農村生活交流グループ協議会(妹尾豊美会長、12グループ77人)は、新庄村ふれあいセンターにおいて総会と研修会を開催した。総会では、新規加入グループ(1グループ)を迎え、協議会活動の主である「まにわの旬な玉手箱」の発送に向けて新商品の開発や既存商品のブラッシュアップを図ることを意識統一した。
 また、研修会では、新庄村の6次産業化活動と題して、村内の郷土料理研究会とママカフェの取組発表と新庄村で取り組むヒメノモチと特別村民制度について紹介を行った。グループ員から「ママカフェの餅米甘酒と手づくり味噌を混ぜた商品を開発してはどうか」「若い世代と技術伝習を通してコミュニケーションを図りながら後継者を育成していこう」といった声があった。
 美作広域農業普及指導センターでは、引き続き、地産地消や6次産業化の推進に向けて支援していく。

3 特記事項・補足事項
郷土料理研究会(代表 高島秀子、4人):ふきの佃煮やおこわ等加工販売
ママカフェ(代表 高島珠美、6人):平成22年11月結成、平均年齢30歳代
 平成26年度からヒメノモチを使用した餅米甘酒を加工販売
総会の様子
研修会の様子

トップページ 組織で探す 美作県民局 真庭農業普及指導センター 真庭地方農村生活交流グループ協議会6次産業化研修開催