ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 教育委員会 教育政策課 みんなで考えよう!グローバル教育 -おかやま教育シンポジウム-

みんなで考えよう!グローバル教育 -おかやま教育シンポジウム-

平成28年4月30日(土曜日)に、倉敷アイビースクエアにおいて、G7倉敷教育大臣会合公式サイドイベント「おかやま教育シンポジウム」を、約300人を集め開催しました。

会場の様子

会場には、倉敷市内小中学校の子どもたちの作品展示や、県立高等学校の活動をまとめたパネルなどが飾られました。
小中学校の作品展示の様子県立高等学校の活動パネル
倉敷市内小・中学校の子どもたちの作品展示の様子

県立高等学校の活動をまとめたパネル等の展示の様子

(詳細は以下のファイルよりご覧下さい。)

オープニングパフォーマンス

シンポジウムに先立ち、県立倉敷青陵高等学校 コーラス部によるオープニングパフォーマンスが行われ、岡山県民愛唱歌「みんなのこころに」など、計3曲が披露されました。
青陵高校コーラス部青陵高校コーラス部

開会

知事開会あいさつ伊東倉敷市長来賓挨拶

伊原木隆太知事の開会挨拶

伊東香織倉敷市長の来賓御挨拶

第1部

基調講演

第1部では、慶應義塾大学総合政策学部 中室牧子准教授による、「教育にエビデンスを」と題した基調講演が行われました。
中室准教授基調講演中室准教授基調講演

プレゼンテーション

基調講演に引き続き、伊原木隆太知事が「岡山から育つグローバル・リーダー」と題したプレゼンテーションを行いました。
知事プレゼンテーション知事プレゼンテーション

第2部

第2部では、「グローバル・リーダーを育てる教育とは」をテーマに、パネルディスカッションが行われました。

パネリスト

パネルディスカッションの様子

伊原木 隆太岡山県知事
鈴木 寛文部科学大臣補佐官
中室 牧子慶應義塾大学総合政策学部准教授
ニシネイスンノートルダム清心女子大学附属小学校講師
山下 陽子県立倉敷南高等学校長
中村 恵美フリーアナウンサー(コーディネーター)

伊原木知事

鈴木補佐官

伊原木 隆太 岡山県知事

鈴木 寛 文部科学大臣補佐官

中室准教授

ニシネイスン講師

中室 牧子 准教授

ニシネイスン 講師

山下校長

山下 陽子 校長

パネルディスカッションにおける議論の概要

 まず、各パネリストから、『国のグローバル施策の大きな流れや大学入試改革』、『学校における英語教育やグローバル教育の実践』についての発表が行われました。
 次に、「グローバル・リーダーに求められる資質」について議論が交わされました。パネリストからは『ダイバーシティ(多様性)に対する寛容性を持つこと』、『「批判的な思考力」を持つこと』、『自虐的になるのでは無く「できていることをできている」と自信を持つこと』、『失敗を恐れず、チャレンジ精神を持つこと』等の意見が出されました。
 さらに、「グローバル・リーダー育成のために現状をどう変えるべきか」について議論が交わされました。パネリストからは、『若者が自分の考えを英語で伝える経験を積むことができる環境づくり』、『質の高いアクティブ・ラーニングの展開』、『アクティブに学ぶ教員の育成』、『コミュニケーション能力育成の視点を持った、英語教育の重要性の認識』、『民間が運営するオンライン英会話などの外部リソースの活用』などの意見が出されました。

今後に向けて

 5月14、15日に開催されたG7倉敷教育大臣会合では、会合の成果として「倉敷宣言」がまとめられました。本県でも、「倉敷宣言」や本シンポジウムでの議論も踏まえ、これからの時代に求められる教育のあり方について、県民の皆様と議論を進めていきたいと考えています。

関連リンク

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップページ 組織で探す 教育委員会 教育政策課 みんなで考えよう!グローバル教育 -おかやま教育シンポジウム-