ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 保健福祉部 生活衛生課 入浴施設におけるレジオネラ対策について

入浴施設におけるレジオネラ対策について

入浴施設でレジオネラ症を発生させないために

 レジオネラ症とは、レジオネラ属菌が引き起こす感染症です。
 レジオネラ属菌は土壌や水環境に普通に存在する菌ですが、レジオネラ属菌に汚染された浴槽水などから発生した、目に見えないような細かい水滴を吸い込んで、菌が肺に達するとレジオネラ症になることがあります。
 レジオネラ症の病型の1つであるレジオネラ肺炎では、重症化し死亡する場合もあります。
 レジオネラ属菌による汚染を防止するために、各施設において、浴槽・循環経路毎にどのような管理ポイントがあるのかを検討し、その管理ポイント毎の管理表を作成して、科学的に衛生管理を行ってください。
 

入浴施設でレジオネラ症を発生させないために

自主管理のための点検表

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップページ 組織で探す 保健福祉部 生活衛生課 入浴施設におけるレジオネラ対策について