ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 農林水産部 鳥獣害対策室 平成30年度狩猟者登録の手続きについて

平成30年度狩猟者登録の手続きについて

狩猟者登録について

○狩猟免許をお持ちで、岡山県において狩猟を行おうとする方は、事前に免許の種別毎に狩猟者の登録申請を行い、登録証の交付を受ける必要があります。
 
○岡山県において登録された狩猟者登録は、岡山県内においてのみ有効です。他都道府県で狩猟される方は、当該都道府県の登録が必要です。

○岡山県では狩猟者登録申請の受付を、10月1日から狩猟期間が終わるまで随時行います。
 岡山県の狩猟期間は11月15日から2月15日までです。
 ただし、ニホンジカ及びイノシシについては、第二種特定鳥獣管理計画に基づき、狩猟期間を3月15日まで延長し、ツキノワグマについては、昨年度から狩猟解禁となり、狩猟期間は11月15日から12月14日までとしています。

◯「岡山県内に在住の方」、「岡山県外に在住の方」で、それぞれ申請方法等が異なります。申請方法等については、次のとおりです。
 

岡山県内に在住の方

提出書類

1 狩猟者登録申請書  1部
     ※上記ファイルを保存して使用してください。
       使用する場合は、必ずA4サイズ用紙で両面印刷してください。
       県庁及び各県民局森林企画課でも配布しています。
2 当該年度の一般社団法人大日本猟友会の狩猟事故共済保険の被保険者であることの証明書、
 若しくは損害保険会社の損害保険契約の被保険者であることの証明書(補償額3千万円以上)
 又は資産に関する証明書  1部

3 写真(1枚は申請書に貼付)  2枚
  (縦3.0cm×横2センチ4ミリメートル、6ヶ月前までに撮影した無帽、正面、上三分身、無背景のもの)
  ※狩猟免状の備考欄に眼鏡等使用と記載された者の場合は、眼鏡等を使用して撮影した写真
  ※サングラス又はマスク等の着用により、顔の一部が隠れているなどの証明写真としてふさわしくない写真は不可。

4 岡山県内の市町村に属する対象鳥獣捕獲員にあっては対象鳥獣捕獲員であることを証する書類  1部

5 認定鳥獣捕獲等事業者の従事者にあっては次の書類
(1)認定鳥獣捕獲等事業者の認定証の写し(鳥獣保護管理法施行規則第19条の9第1項)
(2)認定鳥獣捕獲等事業者の捕獲事業者であることを証する証明書(鳥獣保護管理法施行規則様式第16の2により認定鳥獣捕獲等事業者が自ら作成)
(3)申請者が所属していた認定鳥獣捕獲等事業者により、岡山県内で認定鳥獣捕獲等事業が実施されたことを証する書類(当該事業の委託契約書の写し等)
※ 当該事業は、申請前1年以内に申請する都道府県で実施されたものであって、かつ鳥獣保護管理法第9条第1項の許可を受けた者又は当該許可を受けたとみなされた者が行うものに限る。
(4) 上記(3)の事業に従事した際の従事者証の写し又はこれに準ずる書面
※ 従事者証に記載された内容(有効期間、捕獲等の目的・区域等)が上記(3)の事業に対応したものに限る。なお、従事者証(指定管理鳥獣捕獲事業に係る従事者証を除く)に記載の「目的」については、鳥獣保護管理法第9条第1項鳥獣の管理に係るものに限られる。

6 狩猟者登録の申請前1年以内に、鳥獣保護管理法第9条第1項の許可を受け当該許可に係る捕獲等をした者にあっては、当該許可証の写し(必要に応じ捕獲等の実績を記載した書面)
 詳しくは、税務課ホームページを御覧ください。

7 狩猟者登録の申請前1年以内に、鳥獣保護管理法第9条第1項の許可を受けた者の従事者として鳥獣の捕獲等に従事した者にあっては、当該従事者証の写し及び捕獲等の実績を記載した書面
 詳しくは、税務課ホームページを御覧ください。

狩猟者登録手数料及び狩猟税

1 狩猟者登録手数料 1,800円(岡山県収入証紙を狩猟者登録申請書に貼付)
  ※登録申請する免許ごとに必要です。
2 狩猟税(岡山県収入証紙を狩猟税納付書に貼付)

書類等の提出先

 住所地を管轄する県民局農林水産事業部森林企画課に提出してください。

機関名

所在地

電  話

 

備前県民局                農林水産事業部森林企画課

岡山市北区弓之町6-1(086)233-9832
 備中県民局                 農林水産事業部森林企画課倉敷市羽島1083

(086)434-7052

 美作県民局                     農林水産事業部森林企画課津山市山下53(0868)23-1384

受付期間

 平成30年10月1日(月曜日)から狩猟期間終了まで
 ただし、平成30年10月22日(月曜日)までに申請書が到着しないときは、初猟日(11月15日)までに登録証の交付ができないことがあります。

その他

1 登録証の交付は、申請書の受付順に行い、申請日当日の交付は行いません。
2 申請書等に不備のあるものは受理できませんので、十分注意して提出してください。
3 申請書には、連絡先の電話番号を必ず記入してください。
 

岡山県外に在住の方

提出書類

1 狩猟者登録申請書  1部
     ※上記ファイルを保存して使用してください。
       使用する場合は、必ずA4サイズ用紙で両面印刷してください。
       県庁及び各県民局森林企画課でも配布しています。
2 現に狩猟免許を受けていることを証する書面(次の(1)、(2)のいずれか)  1部
 (1) 狩猟者登録用として再交付を受けた狩猟免状
 (2) 都道府県猟友会が、原本と相違ないことを証明した狩猟免状の写し

3 当該年度の一般社団法人大日本猟友会の狩猟事故共済保険の被保険者であることの証明書、
 若しくは損害保険会社の損害保険契約の被保険者であることの証明書(補償額3千万円以上)
 又は資産に関する証明書  1部

4 写真(1枚は申請書に貼付)  2枚
  (縦3.0cm×2センチ4ミリメートル、6ヶ月前までに撮影した無帽、正面、上三分身、無背景のもの)
  ※狩猟免状の備考欄に眼鏡等使用と記載された者の場合は、眼鏡等を使用して撮影した写真
  ※サングラス又はマスク等の着用により、顔の一部が隠れているなどの証明写真としてふさわしくない写真は不可。


5 送付明細書 1部

※平成27年度税制改正に伴う狩猟税の減免措置を受ける場合に必要な提出書類等は、次の6~9のとおり。

6 対象鳥獣捕獲員にあっては対象鳥獣捕獲員であることを証する書類  1部

7 認定鳥獣捕獲等事業者の従事者にあっては次の書類
(1)認定鳥獣捕獲等事業者の認定証の写し(鳥獣保護管理法施行規則第19条の9第1項)
(2)認定鳥獣捕獲等事業者の捕獲事業者であることを証する証明書(鳥獣保護管理法施行規則様式第16の2により認定鳥獣捕獲等事業者が自ら作成)
(3)申請者が所属していた認定鳥獣捕獲等事業者により、岡山県内で認定鳥獣捕獲等事業が実施されたことを証する書類(当該事業の委託契約書の写し等)
※ 当該事業は、申請前1年以内に申請する都道府県で実施されたものであって、かつ鳥獣保護管理法第9条第1項の許可を受けた者又は当該許可を受けたとみなされた者が行うものに限る。
(4) 上記(3)の事業に従事した際の従事者証の写し又はこれに準ずる書面
※ 従事者証に記載された内容(有効期間、捕獲等の目的・区域等)が上記(3)の事業に対応したものに限る。なお、従事者証(指定管理鳥獣捕獲事業に係る従事者証を除く)に記載の「目的」については、鳥獣保護管理法第9条第1項鳥獣の管理に係るものに限られる。

8 狩猟者登録の申請前1年以内に、鳥獣保護管理法第9条第1項の許可を受け当該許可に係る捕獲等をした者にあっては、当該許可証の写し(必要に応じ捕獲等の実績を記載した書面)ただし、許可の区域に岡山県内が含まれる場合に限る。
 詳しくは、税務課ホームページを御覧ください。

9 狩猟者登録の申請前1年以内に、鳥獣保護管理法第9条第1項の許可を受けた者の従事者として鳥獣の捕獲等に従事した者にあっては、当該従事者証の写し及び捕獲等の実績を記載した書面。ただし、許可の区域に岡山県内が含まれる場合に限る。
 詳しくは、税務課ホームページを御覧ください。

狩猟者登録手数料、狩猟税及び郵送料

1 狩猟者登録手数料 1,800円
  ※登録申請する免許ごとに必要です。
2 狩猟税
3 郵送料
 (1) 猟友会単位で一括申請する場合
  ア 狩猟者登録証の郵送料 510円(レターパック代)を狩猟税等と共に納付する。
  イ 狩猟者記章及び鳥獣保護区等位置図等(ただし、狩猟者登録証は除く。)は、
 宅配便による料金着払いとする。(レターパックに全て入る場合は、この限りでない。)
 (2) 個人で申請する場合
   狩猟者登録証等の郵送料 510円(レターパック代)を狩猟税等と共に納付する。

納付方法

登録手数料及び狩猟税の納付には、岡山県収入証紙を貼付することが必要です。岡山県収入証紙は、岡山県猟友会において取り扱っていますので、口座振込により納付してください。

  【振込先】
  中国銀行 県庁支店
  普通預金口座 802662
  一般社団法人岡山県猟友会 会長 中村 伸一(ナカムラ シンイチ)

書類等の提出先

※口座振込以外の方法(現金書留、郵便定額小為替など)による納付は受付けませんので、ご注意ください。 

  〒700-8570
  岡山県北区内山下二丁目4番6号
   岡山県農林水産部農村振興課鳥獣害対策室

受付期間

 平成30年10月1日(月曜日)から狩猟期間終了まで
 ただし、平成30年10月22日(月曜日)までに申請書が到着しないときは、初猟日(11月15日)までに登録証の交付ができないことがあります。

その他

1 申請書はできるだけ個人扱いを避け、猟友会等で取りまとめの上、送付明細書を添付して送付してください。
2 登録証の交付は、申請書の受付順に行い、申請日当日の交付は行いません。
3 申請書等に不備のあるものは受理できませんので、十分注意して提出してください。
4 申請書には、連絡先の電話番号を必ず記入してください。
 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップページ 組織で探す 農林水産部 鳥獣害対策室 平成30年度狩猟者登録の手続きについて