ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

あぐりまにわ(平成27年度)

平成27年度 普及情報誌 あぐりまにわ

 真庭農業普及指導センターでは、平成27年度のトップ重点課題を「中山間地域における水田農業の担い手育成」として、水田農業の担い手確保や担い手間の新たなネットワークづくり、需要に応じた水稲生産に取り組みました。また、「担い手育成」と「産地育成」を活動の2本柱として、新規就農者の確保・育成、認定農業者や集落営農組織等の規模拡大や法人化、さらには新品種や新技術の普及、環境に配慮した農業を推進しました。本年度の活動の中で得られた成果を、普及現場のイチオシ情報として、農業者の皆様にお届けします。

H27普及情報誌あぐりまにわ

あぐりまにわ-1 [PDFファイル/3.69MB]

あぐりまにわ-2 [PDFファイル/4.79MB]

掲載内容

  1. 中山間地域における水田農業の担い手育成
  2. 10年後の地域の農業について集落で話し合いをしてみませんか
  3. 新規就農者の活動を支援しています
  4. 自分で経営診断して経営改善に活かそう!
  5. 6次産業化を目指す農業者を支援しています
  6. 止まらないハダニは天敵カブリダニで解決!
  7. 次世代フルーツ(ぶどう)の房づくりのポイントはこれだ
  8. シャインマスカットの房作り
  9. 瀬戸ジャイアンツの房作り
  10. ぶどうの土作りによる品質向上を目指して
  11. 白ネギ栽培の推進
  12. ミニトマトの主枝更新により後半の収量アップを目指す
  13. 真庭版トマト経営指標が完成しました!
  14. 農地保全管理のための集落放牧の取り組み
  15. 青年等就農計画制度について
  16. 短期暴露評価により農薬の使用方法の変更が行われます
  17. 担い手に農地を任すなら農地中間管理事業を活用しよう
  18. 地域のリーダーとして一層の活躍を期待~新農業士の紹介~
  19. はじめまして!よろしくお願いします~新規就農者の紹介~
  20. 祝!受賞!おめでとうございます

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)