ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 美作県民局 真庭農業普及指導センター 広域の力を集め、元気なぶどう産地づくり(第10回JAまにわぶどう生産者大会開催)

広域の力を集め、元気なぶどう産地づくり(第10回JAまにわぶどう生産者大会開催)

1 市村(地区) 真庭市(北房を除く)

2 内容
平成27年12月4日、JAまにわとJAまにわぶどう生産組織協議会主催による第10回JAまにわぶどう生産者大会がJAまにわ本店で開催された。
 生産者大会は、産地の一体化推進、品質・安定生産技術と次世代品種推進による産地規模の拡大を目的に開催され、ぶどう生産者、関係機関職員など70人が参加した。
 当日は9月11日、29日に実施したぶどう共進会の審査講評、入賞者17人の表彰式の後、普及センターから今年度の問題点と次年度へ向けた栽培の留意事項の情報提供と過去3年間の推進状況や市場調査の結果から産地の課題と方向について販売戦略を提言した。
 栽培の留意事項としては今年度の生産者のアンケートから問題になった大房による着色不良、しなびなど事項について調査分析した結果から、基本技術の徹底、土づくりの重要性を説明し、販売戦略については、産地間の選果基準や出荷箱の統一と南部と北部のリレー出荷による長期出荷による真庭ブランドづくりの必要性を提言した。
参加した農家は、次年度に向けた栽培への参考になったとの意見が聞かれた。
 真庭農業普及指導センターでは、今後も協議会や関係機関と連携して産地規模の拡大、高品質安定生産を図るための「ぶどう産地振興計画」の実現に向けて支援していく。

3 特記事項・補足事項
   JAまにわ管内のぶどう概要
    戸数 177戸、面積 23ha、H27年出荷量115t、販売額8,500万円。
4 関連事業
   めざせJ1!園芸作物ステップアップ事業
審査講評を述べる所長
普及センターから情報提供

トップページ 組織で探す 美作県民局 真庭農業普及指導センター 広域の力を集め、元気なぶどう産地づくり(第10回JAまにわぶどう生産者大会開催)