ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

なす

なす

特徴・紹介

 促成なすとして栽培されている品種「千両」は、歯切れの良さとそのつややかななす色で岡山県が全国に誇るブランド農産物です。

 夏秋なすとしては「筑陽」が栽培されています。新しい仕立て方が考案され栽培面積が広がりつつあります。

★促成なすと夏秋なす

 促成なす:秋から翌年の初夏までハウスで栽培されるなすのことです。

 夏秋なす:夏から秋にかけて、露地で栽培されるなすのことです。 

出荷する時期

 年間(促成9月~6月、夏秋6月~10月)

主な生産地

 岡山市、玉野市、吉備中央町

栽培豆ちしき

 最近は、土着天敵(地域にもともと生息している、害虫を食べる昆虫等)の利用が拡がり、なすにも人にも優しい栽培が行われています。

千両なす

▲千両なす