ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

黄にら

黄にら

特徴・紹介

 黄にらは、青にらを一度刈りとり、被覆資材で太陽光線を遮った中で育てて得られます(軟化栽培)。独特の柔らかい風味は青にらとは全く異なる高貴な食感です。その旨味は、青にらの2倍になります。

 岡山県が、全国の生産量の7割をシェアしています。 

出荷する時期

 周年

主な生産地

 岡山市北区牟佐地区

豆ちしき

 中国で3,000年前から栽培され、貴族の薬膳として利用されていました。

 2月12日は黄にら記念日として認定されています。

食べ方

 薬味としてだけではなく、茹でる、蒸す、炒め物、汁物など、和洋中、様々な食べ方が可能です。

栽培中の黄ニラの写真

▲栽培されている黄にら。背後は被覆資材で覆われたもの