ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 美作県民局 真庭保健所 特定疾患(難病)について

特定疾患(難病)について

印刷用ページを表示する2015年9月28日更新/真庭保健所

難病対策

難病対策について

 難病とは、原因が不明で、治療方針が確立していない疾病をいいます。また後遺症を残す恐れが少なくない疾病、経過が慢性にわたり、単に経済的な問題のみならず介護等に人手を要するなど、本人や家族にとって身体的・精神的に負担が重い疾病と定義されています。


1 特定疾患治療研究事業
  岡山県では、難病のうち56の疾患を特定疾患として指定し、医療の確立と患者さんの医療費自己負担の軽減を図っています。

2 訪問相談事業
  要望があった患者さん宅に保健所の保健師が訪問し、患者さんや家族の方が抱える日常生活や療養上の悩み等についての相談に応じています。

3 在宅難病患者等訪問指導事業
  在宅の難病患者さんで、寝たきり等により受療が困難な患者さんを専門医、保健師等による訪問班が患者さん宅を訪問し、各種の相談に応じています。(希望があった方)

4 小児慢性特定疾患対象事業
  小児の慢性特定疾患(11疾患群)について、医療費の自己負担の軽減を図っています。


お問い合わせ先

 真庭市・新庄村にお住まいの方
  岡山県真庭保健所 真庭保健課
  〒717-8501
  岡山県真庭市勝山591   Tel:0867(44)2990 
(「4 小児慢性特定疾患対象事業」については、Tel:0867(44)2991)
  受付時間 8時30分~17時15分

難病に関する詳しい情報は次のサイトを参照してください。


トップページ 組織で探す 美作県民局 真庭保健所 特定疾患(難病)について