ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 美作県民局 真庭農業普及指導センター JA真庭ぶどう統一ブランドを目指して目揃え会実施

JA真庭ぶどう統一ブランドを目指して目揃え会実施

1 市村(地区) 真庭市(北房除く)

2 内容
 JAまにわぶどう生産組織協議会は、各部会ごとの選果基準を統一するため、9月3日、4日、各部会の選果に当たる生産者やJA担当者を集め、落合選果場で落合ピオーネ生産組合の選果方法を勉強する目揃え会を開催した。
 現在、JA真庭管内の6組織がそれぞれの選果基準で等級別けしており、真庭農協の同じ等級で品質の差があるなど、市場での課題がある。そこで、昨年初めて目揃え会を開催し、今年で2回目の開催となった。
 当日は、久世、美甘、湯原のぶどう部会員やJA担当者の参加があり、「自分の部会は落合と比べて着色の選果基準がゆるい」、「房のしまりの基準は同じくらい」など、各自の部会と比較しながら落合ピオーネ生産組合の選果基準を学んでいた。
 普及センターは、目揃え会開催のための助言や各組合への参加誘導などの支援を行った。
選果作業の様子
目合わせ説明の様子

トップページ 組織で探す 美作県民局 真庭農業普及指導センター JA真庭ぶどう統一ブランドを目指して目揃え会実施