ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

「若手農業者のつどい」を開催

1 市村(地区) 真庭市、新庄村

2 内容
 真庭新農業経営者クラブ連絡協議会は、9月3日、真庭地域を中心に農業者を募り「若手農業者のつどい」を開催した。会場は真庭市蒜山中和で活動する法人「蒜山耕藝」の集いのスペース「くど」で、農業者の家族を含む28名が参加した。今回の企画は、各農業者が普段出荷している農産物の食材としての価値を再発見しようというもの。調理は関東で活躍するフードデザイナーの「オカズデザイン」に依頼した。真庭市の特産であるトマトや牛乳、津山市の黒豚肉など22点が持ち込まれ、グラタンや冷菜、アイスクリームなどとして提供された。
参加者はお互いの農産物を話題に、新たな栽培技術や他品目への挑戦など、積極的に情報交換を行っていた。また、料理については、「素材の味を引き出す調理がされており、とてもおいしい」、「家庭では思いつかない調理方法だ」など、消費者へのアピール点や家庭での楽しみ方も学んでいた。
 真庭農業普及指導センターは、今後も就農初期の農業者や規模拡大の意向のある農業者が気軽に参加し意見交換できる場を提案し、担い手のネットワークが強化できるよう働きかけていく。
若手農業者の集い