ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 総合政策局 政策推進課 保健・医療・福祉充実プログラム

保健・医療・福祉充実プログラム

1 健康寿命セカンドショット事業の実施(保健福祉部)

 生き活き指標である「健康寿命」の延伸に向けて、仲間と誘い合って楽しく取り組める健康増進プログラム「晴れの国33(さんさん)プログラム」を地域で活用し、健康づくりに取り組んでいます。

【実施概要】

 「食事」「運動」「ともに生き活き(休養・飲酒・社会参加等)の生活習慣を振り返り、達成可能な目標を設定し仲間と誘い合って楽しく取り組むことで、健康づくりにつながる健康増進プログラム「晴れの国33(さんさん)プログラム」を作成しました。現在、保健所・支所等を通じ、企業や地域等で活用していただき、健康づくりに取り組んでいます。

 ・関連URL http://www.pref.okayama.jp/page/425591.html(晴れの国33プログラム)

      セルフチェック        体力測定
セルフチェックで生活習慣を振り返り、チャレンジする目標を検討            体力測定

2 第3回 地域医療を担う医師を地域で育てるためのワークショップの開催(保健福祉部)

 岡山大学と広島大学の地域枠卒業医師が安心して地域の病院で勤務できるよう、ライフイベント、ローテーション、休職をテーマに、病院長、地域枠学生、首長等によるワークショップを行い、検討結果を広く医療関係者に向けて発表しました。

【実施概要】

 ・月  日 平成27年8月2日

 ・場  所 ピュアリティまきび

 ・参加者 140名(県内病院長等 約80名、地域枠学生12名、首長4名  ほか)

 ワークショップ

3 2015年 地域枠学生・自治医科大学生合同セミナー in 玉島の開催(保健福祉部)

 将来、岡山の地で働くことになる岡山大学・広島大学の地域枠学生と自治医科大学生が一堂に会し、地域の病院見学や町長との意見交換会、地区医師会の取組の講話などを通して、地域医療の現状を学ぶとともに、学生間の交流を深めました。

【実施概要】

 ・月  日 平成27年8月22・23日

 ・場  所 矢掛町国民健康保険病院、岡山医療センター、玉島医師会館等

 ・参加者 44名(岡山大学 25名、広島大学 11名、自治医科大学 8名)

 合同セミナー

 

4 発達障害者支援キーパーソン登録の働きかけ(保健福祉部)

 発達障害のある子の就学期において、支援に必要な情報を小学校に確実に引き継ぐことを目的とした研修会の開催などを通じ、発達障害支援の中心として活躍していただくため「発達障害者支援キーパーソン」の登録を呼びかけています。

【実施概要】

○共通支援シート活用モデル小・幼・保合同研修会
 ・月  日 平成27年8月19日

 ・場  所 鏡野町中央公民館

 ・参加者 美作保健所管内の小学校、幼稚園の教諭、保育所の保育士、保健師など

 ・関連URL http://www.pref.okayama.jp/page/428896.html

 研修会


トップページ 組織で探す 総合政策局 政策推進課 保健・医療・福祉充実プログラム