ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 備中県民局 備中県民局健康福祉部 育じぃ育ばぁの生き活き子育て 平成26年度 三世代交流 地域子育て環境活性化事業を実施しました

育じぃ育ばぁの生き活き子育て 平成26年度 三世代交流 地域子育て環境活性化事業を実施しました

「三世代交流」事業を実施しました。 (H26年度)

三世代図 1.47 何の数字かお分りでしょうか?答えは、ひとりの女の人が一生に産む子どもの数です。平成17年から日本の人口は減り続け、少子化問題は、社会経済の根幹を揺るがしかねない、待ったなしの課題となっています。一方、少子化や核家族化を背景に、家庭や地域における子育て力が低下し、児童虐待など社会的な支援を必要とする子どもや家庭が増加している事実があります。
 岡山県備中県民局では、シニア世代 のあなたにも積極的に子育てに関わっていただけるよう、三世代交流地域子育て環境活性化事業を実施します。
 子どもたちに慕われる 育じぃ育ばぁ になって、地域の子育てに参加しませんか!

<事業内容>
○最近の子育て事情等の説明
○親子との三世代交流への参加(地域子育て支援拠点などでの交流等)
シニア世代とは:概ね60歳以上の孫育てや子育てに関心のある方(性別や孫の有無は不問)です。

 岡山県備中県民局では、シニア世代の方々にも積極的に子育てに関わっていただけるよう、三世代交流 地域子育て環境活性化事業 を総社市、笠岡市、新見市の3地区で実施しました。

総社 委託先 NPO法人保育サポート「あい・あい」  三世代交流子育て応援プログラム

 人材の宝庫であり、子育ての経験者も多いシニア世代が趣味や特技を活かして、子育ての支援者として継続的に地域で活動していただくために、子育て支援活動を支えるための知識を得る講座や実践に向けての場を設けました。

内容
日  時内   容参加者場所

10月26日
(日曜日)

10時~12時

三世代交流イベント
「そうじゃ子ども大学」
創造想像=遊び→学び!!Creation   Image   Play    Learning 

遊びの企画・実践協力
岡山県立大学 保健福祉学部 保健福祉学科
子ども学専攻教員・学生

・幼児~小学校6年生の児童とその家族 

・地域ぐるみの子育てや孫の育ちに関心のある大
人の方   

      参加者数  72名

岡山県立大学学部共通棟(西)及びその周辺

11月8日
(土曜日)

10時~11時30分

三世代交流講座

「発達障がいの傾向がある子どもの発達を支えたい」
∼幼児期から学童期へのつなぎ∼

講師:松田 真 正 氏
(くらしき作陽大学 子ども教育学部)

・子育て中の方
・地域ぐるみの子育てや孫の育ちに関心のある大人の方
 ◎託児あり
      参加者数  69名

総社ふれあいセンター2階
 大会議室

◎託児
ファミリーサポートセンター

平成27年

1月24日
(土曜日)

10時~12時

三世代交流実践

「子育てサロンであそぼう!」
(子育てサロン 『すまいるえんじぇる』)

・就学前の児童がいる親子・家族 
・地域ぐるみの子育てや孫の育ちに関心のある大人の方 

       参加者数 31名

総社市中央公民館の総社分館
(総社宮の東)

《 後 援 》 岡山県立大学/くらしき作陽大学/総社市/総社市教育委員会/総社市社会福祉協議会

子育てサロンであそぼう!三世代交流講座の状況

「そうじゃ子ども大学」では、県立大学の先生や学生と協力して大学内のスタンプラリーや化学遊びなどで交流を行いました。

地域の子育てサロンで白玉ぜんざいをいただいたり、だるま落としや皿回しの手作りおもちゃ、わらべうたなどの昔遊びをとおして三世代交流会を行いました。

「小さい子どもにどう接していいのかわからない」とか、「子どもと関わることができる趣味や特技もないし、どうすれば地域の子どもたちや保護者に関わることができるのかわからない」といわれていたシニア方々から、この事業に参加された後「孫育てや子育て支援ボランティアに関わりたいとの希望や関わることへの自信を聞くことができました。

笠岡 委託先 認定NPO法人子ども劇場笠岡センター 「おかあちゃんの子育て ~食でつながる 笑顔でつながる~」

命をはぐくむ「食」を中心に、子育てを座談会を開きました。井笠地域でがんばっている世代の違うおかあちゃんたちが、つどって・しゃべって・たべて・つながるすてきな企画を実施しました。 

内容
2014年 10月29日(水曜日)
10時~12時
11月28日(金曜日)
10時~12時
2015年 2月27日(金曜日)
10時30分~13時

『子育て世代座談会』

がんばって子育てしているおかあちゃんたちが集まって、子どものことや日頃の自分の思いをざっくばらんにおしゃべりする会です。
会場:ハーモニーネット未来
対象:子育て世代(親子)

    参加者  57名

『シニア世代座談会』

昭和のおかあちゃんたちが集まって、昔の子育てや現代の子育て事情等を楽しくおしゃべりする会です。子育てを応援する側になった今、何ができるかみんなでざっくばらんに話しましょう。
会場:ハーモニーネット未来
対象:シニア世代

    参加者  25名

合同座談会
『一品もちよりパーティー』

世代のちがうおかあちゃんあちが集まっておいしいものをたべながら今の子育て・昔の子育てをおしゃべりする会です。楽しい時間を皆さんで過ごしてください。
会場:サンライフ笠岡
対象:子育て世代(親子)組
    シニア世代名

    参加者   67名 

主催:おかあちゃんの子育て実行委員会
  井笠の味づくり研究会・えがお栄養くらぶ・笠岡市内母親クラブ・食べもの通信岡山読者会・ハーモニーネット未来

実行委員会事務局
  ハーモニーネット未来 認定NPO子ども劇場笠岡センター

一品もちよりパーティーの様子シニア世代座談会の様子

 井笠の味づくり研究会、えがお栄養クラブ、笠岡市内母親クラブ(5団体)、食べもの通信岡山読者会、認定NPO子ども劇場笠岡センターの5団体でこの事業の実行委員会を立ち上げて実施しました。

 昭和の子育てを経験したシニア世代の力を発揮していただくために、現代の子育て事情も伝えながら、命を育む「食」を通じての三世代交流の場を設定し、人と人がコミュニケーションを取りながら食を楽しむ大切さを伝える機会になりました。座談会の中で「子育て」や「食」をテーマとして意見交換し、情報共有することは、子どもから高齢者まで、交流する全ての世代にとって楽しい「場」となることが確認できました。

~子育て世代からシニア世代へ~
 いつも助けてもらって感謝している気持ちを伝えることができた。

~シニア世代~
 自分たちの役立ち感が実感できた。継続した子育て支援の必要性を感じた。

  アンケートでも、今後もこのような「場」が生活の中にあることを望む意見が聞かれました。

新見 委託先 新見公立短期大学  親子とシニア世代 三世代交流ふれあい体験

内容

 『お月見団子を作ろう!』

日時:平成26年9月3日(水曜日)
    10時30分~12時
場所:新見公立大学内 交流ひろば”にこたん”
参加者:シニア、親子  72名

座談会・ミニ講座

・平成26年 9月 3日(水曜日)
西方地区シニア世代座談会(in にこたん)
参加者  シニア 5人

・平成26年10月31日(金曜日)
子育て座談会 (in 熊野幼児園)
参加者 子育て中の親 9人

・平成26年11月21日(金曜日)
子育てフリートークの会(in にこたん)
参加者 子育て中の親 8人

・平成26年12月18日(木曜日)
『孫育て』ミニ講座(in熊野総合センター)
参加者 シニア等 32人
  
         講座資料

『しめなわを作ろう!』

日時:平成26年12月12日(金曜日)
    13時45分~15時30分
場所:新見西方ふれあいセンター
参加者:シニア、親子  39名

 

『節分行事を楽しもう!』

日時:平成27年1月31日(土曜日)
    10時~14時
場所:新見市熊野総合センター
参加者:シニア、親子  89名

異なる世代がふれあい、お互いを理解して、地域子育てができる環境づくりを応援しました。

しめなわを作ろう節分行事を楽しもう

○新見では、新見公立短期大学 にいみ子育てカレッジが座談会や「孫育て」ミニ講座で、育児観の相互理解を進め、地域の老人クラブや婦人会などとも協力して、お月見団子や、しめなわつくりなど昔からの季節行事を通しての三世代ふれあい交流体験会を実施しました。

○活動を繰り返す中で、親子とシニア世代が顔見知りになり、子どもを安心して預けたり、シニア世代が喜んでお世話する関係が見られていったそうです。
 また、地区の繋がりが深まり、知らない人同士が知り合う機会になるなど、地域における世代間交流の意義を多くの人に感じていただきました。
 また、親世代からは「昔ながらの遊びを今の子どもにも教えてほしい」とかシニア世代からは、「もっと交流できることがしたい」といった意見が聞かれました。


トップページ 組織で探す 備中県民局 備中県民局健康福祉部 育じぃ育ばぁの生き活き子育て 平成26年度 三世代交流 地域子育て環境活性化事業を実施しました