ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 保健福祉部 医薬安全課 「危険ドラッグ販売等の防止に関する協定」を締結しました

「危険ドラッグ販売等の防止に関する協定」を締結しました

【危険ドラッグは許さない】「危険ドラッグ販売等の防止に関する協定」を締結しました

 危険ドラッグ販売店舗等の出店抑止などを図るため県、県警察本部、不動産業関係団体と相互に連携協力するための協定を締結しました。

協定を締結した不動産業関係団体

・一般社団法人岡山県宅地建物取引業協会
 岡山市北区駅前町2丁目5番28号

・公益社団法人全日本不動産協会岡山県本部
 岡山市北区本町4番18号


 ※両団体は、宅地建物取引業の健全な発展を図るため、会員に対し研修等を実施している団体です。

協定の主な内容

  • 県、県警察は、両協会に対し、危険ドラッグに関する一般的な知識を提供する。
  • 両協会は、賃貸物件が危険ドラッグの製造・販売に使用されないよう会員に要請するとともに、危険ドラッグの製造・販売に関する情報を得た場合は、県、県警察に情報提供する。
  • 県、県警察、協会は、危険ドラッグの製造・販売防止に関して、県、県警察が実施する啓発事業に協力する等、相互の連携強化に努める。

協定締結日

平成27年3月30日

締結式の模様

協定締結1  協定締結2

協定締結3 v協定締結4


トップページ 組織で探す 保健福祉部 医薬安全課 「危険ドラッグ販売等の防止に関する協定」を締結しました