ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 備中県民局 備北広域農業普及指導センター H27.5 まずは1杯目!高梁、新見合同で6次化ふぇ

H27.5 まずは1杯目!高梁、新見合同で6次化ふぇ

地域資源の掘り起こしと6次産業化の取組の情報交換を目的に1杯目の備北広域6次化ふぇを5月12日、新見市哲多支局で開催した。
 昨年度から高梁地域、新見地域で別々に行われていた6次化ふぇだが、今年度から広域での連携を深めるため高梁市、新見市合同での開催とした。
 メンバーは高梁市、新見市管内の市、JA、商工会、商工会議所、地域おこし協力隊と普及指導センターで構成され、17人が参加した。
 1杯目は、6次化ふぇのねらいを説明した後、2班に分かれてのディベート形式で意見交換を行い、「近隣で同様な商品を売り出すには明確な差別化が必要性だ。」とか「一言で表現できる特性を持つことが重要だ。」といった意見が出た。
この会は毎月開催予定で、次回は(1)地域おこし協力隊が取り組んでいる新しい地域特産品の試食、(2)商工会から六次化計画作成のポイント、などの話をしてもらうことになった。
 普及センターとしては積極的な意見ができる交流場づくりとして運営していく予定である。
2班に分かれてディベート

トップページ 組織で探す 備中県民局 備北広域農業普及指導センター H27.5 まずは1杯目!高梁、新見合同で6次化ふぇ