ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 産業労働部 産業振興課 平成29年度岡山バイオマスイノベーション創出補助事業について

平成29年度岡山バイオマスイノベーション創出補助事業について

 岡山県では、県内への一大グリーンバイオ産業群の形成を目指した「おかやまグリーンバイオ・プロジェクト」を推進しており、「木質系バイオマス」を活用した新素材の製品化技術開発を支援することとし、平成29年度の公募を下記のとおり行いました。※現在、公募期間は終了しています。
1.募集テーマ(補助対象事業)
  間伐材や製材端材等の県内に豊富に存在する「木質系バイオマス」を活用した技術や商品の開発で概ね2年以内(平成30年度まで)に実用(商品)化見込みのものを支援します。
(1)セルロースナノファイバー実用化技術開発
  県産材を材料としてセルロースナノファイバーを用いた製品開発
  ただし、その供給体制が整うまでは市販の代替品等による開発も可
(2)木質系バイオマス素材実用化技術開発
  セルロースナノファイバーを除く、木質系バイオマス素材(竹を含む)の新用途開発


2.事業期間
  交付決定日から平成30年2月28日まで


3.補助率等
(1)セルロースナノファイバー実用化技術開発
   補 助 率:2分の1以内
   補助限度額:500万円/件
(2)木質系バイオマス素材実用化技術開発
   補 助 率:2分の1以内
   補助限度額:200万円/件

  ※1 実用(商品化)段階にない研究は、本補助事業の対象外とします。
  ※2 採択は予算の範囲内で行います。


4.補助対象経費
  材料費、物品費、構築物借上費、機械装置借上費、外注加工費、技術指導受入費、研究機関負担金、旅費、販路開拓費

  ※1 人件費は補助対象外とします。
  ※2 旅費は原則として国内のみを対象とします。


5.主な付与条件
(1)同時に他の公的な補助金等を受けている開発については、応募できません。
(2)県の求めに応じて、中間・最終開発成果の報告及び発表をしていただきます。
(3)本事業で得られた産業財産権(特許等)などの開発成果は、原則として開発を実施した機関の規定により、当該研究者又は機関に帰属しますが、開発した技術の活用については、県内での事業化を優先するものとします。
(4)補助事業終了年度以降5年間、毎年度企業化状況等報告書の提出を義務付けます。
(5)その他条件等については、岡山バイオマスイノベーション創出補助金交付要綱に定めるとおりです。


6.応募資格
  県内に主たる事務所、工場又は研究施設を有する企業
  ※県内外の企業や研究者も、共同開発者としてメンバーに入れます。

7.応募方法
(1)受付期間 平成29年4月7日(金曜日)から平成29年4月21日(金曜日)まで
   ※採択額が予算額に達しない場合は、追加募集を行う場合があります。
(2)堤出書類(サイズA判、原本1部(捺印あり)、及び電子媒体(ワードファイル))
(ア)本要領に定める提案書
(イ)暴力団の排除に係る誓約書
(ウ)県税の完納証明書
※提案書等の様式は下記よりダウンロードできます。

8.スケジュール(予定)
公募受付      平成29年4月7日(金曜日)~平成29年4月21日(金曜日)
審査委員会     平成29年5月9日(火曜日)
事業者決定、交付申請 〃   5月下旬
交付決定、事業開始   〃   6月上旬

9.問い合わせ及び堤出先
岡山県産業労働部産業振興課新産業推進班(担当:平井、青葉)
〒700-8570 岡山市北区内山下2-4-6
Tel:086-226-7380 Fax:086-224-2165
E-mail:sangyo-greenbio@pref.okayama.jp

※この事業は、「おかやま森づくり県民税」を活用して行っています。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップページ 組織で探す 産業労働部 産業振興課 平成29年度岡山バイオマスイノベーション創出補助事業について