ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 土木部 建築営繕課 入札公告における新築・増築・改築等の用語の定義について

入札公告における新築・増築・改築等の用語の定義について

入札公告における新築・増築・改築等の用語の定義について

 建築営繕課が発注する工事の一般競争入札(条件付)公告における用語(新築・増築・改築・大規模改修工事・耐震補強工事)の定義については次のとおりです。
「新築」
 建築物の存しない土地の部分(更地)に建築物を造ることなど、増築、改築及び移転のいずれにも該当しないもの。
「増築」
 既存の建築物の延べ面積を増加させること(床面積を追加すること)。
「改築」
 従前の建築物を取り壊し、位置、用途、構造、階数及び規模が同程度のものを建てること。
「大規模改修工事」
 1棟の建築物において、外装及び内装工事の両方が含まれる工事(外壁改修のみの工事や内装改修のみの工事は大規模改修工事に該当しません)。
 例えば既存建築物の外壁改修工事において、玄関扉及び枠のみ内部の塗装工事を行う工事は大規模改修工事には該当しません。
「耐震補強工事」
 建築物の耐震性能を向上させるため、補強計画に基づき行う工事(スリット施工のみの耐震補強工事を除く)。
「耐震補強工事(外装及び内装工事を含むものに限る。)」
 耐震補強工事(スリット施工のみの耐震補強工事を含む。)であって、外装及び内装工事の両方が含まれる工事。

トップページ 組織で探す 土木部 建築営繕課 入札公告における新築・増築・改築等の用語の定義について