ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 県民生活部 中山間・地域振興課 国土利用計画(岡山県計画)

国土利用計画(岡山県計画)

国土利用計画の策定

国土利用計画とは?

 国土利用計画は、国土利用計画法(昭和49年法律第92号)に基づき、長期にわたって安定した均衡ある国土の利用を確保することを目的として策定されるものであり、国土の利用に関する行政上の指針となるものです。
 この計画は、国の定める「全国計画」、都道府県の定める「都道府県計画」、市町村の定める「市町村計画」の3段階で構成されており、岡山県では、県議会の議決を経て平成21年3月に第4次岡山県計画を策定しました。
 

岡山県計画における県土利用の基本方針

県土をより良い状態で次の世代に引き継ぐ「持続可能な県土管理」

(1) 土地需要の調整、効率的利用の観点による県土の有効利用
  ・都市的土地利用の高度化と低未利用地の有効利用
  ・自然的土地利用の適正な保全と利用
  ・慎重な配慮の下での計画的な土地利用転換

(2) 県土利用の質的向上
  ・安全で安心できる県土利用
  ・循環と共生を重視した県土利用
  ・美(うるわ)しくゆとりある県土利用

(3) 総合的な県土管理
  ・多様な主体との協働による県土管理

岡山県計画の策定経緯

昭和52年 3月   第1次計画(目標年次 昭和60年)を策定
昭和61年 7月   第2次計画(目標年次 平成 7年)を策定
平成 8年12月    第3次計画(目標年次 平成17年)を策定
平成21年 3月   第4次計画(目標年次 平成29年)を策定  

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップページ 組織で探す 県民生活部 中山間・地域振興課 国土利用計画(岡山県計画)