ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

津山地域の果樹 次世代フルーツ

シャインマスカット

 シャインマスカットは、「大粒」で「甘く」、「種なし」で  「皮ごと食べられる」、大変人気のあるぶどうです。                    

 津山地域の栽培面積は8.2haであり、ほぼ全域で栽培され ています。収穫はハウス加温栽培では7月上旬から、簡易被覆栽培では9月中旬から行われ、東京や大阪、神戸、岡山等へ出荷されます。                                  
  普及指導センターでは、実証展示ほを設置し房づくりや枝 管理、品質等についての研修会を行っています。     
  また、全農おかやまが、「岡山県産シャインマスカット」=「晴王(はれおう)」と命名し販売しており、県下全体で高品質生産に取り組んでいます。 

シャインマスカット

〇栽培地域、面積 :津山管内全域、8.2ha
〇収穫時期 : 加温ハウス栽培 ・・・7月上旬~8月上旬
                 無加温ハウス栽培・・8月上中旬~8月下旬
                 簡易被覆栽培 ・・・・・9月中旬~11月下旬                                              

※「晴王」の出荷基準
      糖度:18度以上
    粒重:赤秀15g以上、青秀13g以上

研修会の様子 品質調査

          研修会の様子                    品質調査の様子

オーロラブラック

 オーロラブラックは、岡山県で育成された「大粒」で「甘く」、「種なし」の紫黒色をしたぶどうです。最大の特徴は脱粒しにくく日持ちが良いということです。

 津山地域の栽培面積は3.6haであり、ほぼ全域で栽培されています。収穫は、簡易被覆栽培で行われている前進出荷の8月上旬から始まり、10月上旬まで東京や大阪、神戸、岡山等へ出荷されます。                     
 普及指導センターでは、昨年度までに有利販売につながる盆前出荷を可能とした前進出荷の技術を確立させており、今年度は技術の定着のために展示ほを設置して研修会を行っています。     

オーロラブラック

〇栽培地域、面積 : 津山管内全域、3.6ha
〇収穫時期  :  簡易被覆栽培・・・8月上旬(前進出荷栽培)~10月上旬

前進出荷 

   前進出荷を目指した栽培の様子

紫苑(しえん)

 紫苑は、管内で最も収穫時期の遅いぶどうです。特徴として「甘く」、「種なし」で果粒の形が楕円形のボリューム感がある赤色ぶどうです。

   津山地域の栽培面積は0.4haであり、美咲町を中心に栽培されています。ハウス栽培に適しており、11月上旬から出荷が始まり、お歳暮需要に対応するために12月中旬まで東京へ出荷されます。
 普及指導センターでは、展示ほを設置し房づくりや収穫抑制栽培技術について実証試験や研修会を行い、高品質生産や有利販売を図っています。 

紫苑

〇栽培地域、面積  :  美咲町他、0.4ha
〇収穫時期  :  ハウス無加温栽培・・・11月上旬~12月中旬

実証 研修会

       収穫抑制栽培実証の様子                    研修会の様子