ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

津山地域の花木 しきみ

 しきみは、モクレン科の常緑小高木で、仏花としてお盆やお彼岸などに使われます。
 津山地域では、昭和50年代にしきみブームがあって栽培が広がり、今でもあちらこちらでしきみが見られるのは、この頃の名残です。
 その中でも津山市加茂地区は県内でも数少ないしきみ産地で、約4ha栽培されており、全量が量販店へ契約販売されています。

転作田  畑地

         転作田でのしきみ栽培                  山際の畑地でのしきみ栽培

しきみの花

      しきみの花(3月下旬頃開花)