ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 土木部 建築指導課 岡山県要緊急安全確認大規模建築物耐震改修等事業

岡山県要緊急安全確認大規模建築物耐震改修等事業

岡山県要緊急安全確認大規模建築物耐震改修等事業

・耐震改修促進法で規定する要緊急安全確認大規模建築物(※1)の耐震補強設計、耐震改修工事の補助を行う市町村に対し、県が助成を行っています。
・補助の申し込み、相談窓口は建築物の所在する市町村(※2)です。
・耐震診断の補助については、「岡山県建築物耐震診断等事業」のページをご覧下さい。

 ※1 学校、病院、児童福祉施設等、危険物貯蔵施設を除く。
 ※2 平成29年4月1日現在、当該補助制度を設けている市町村は、岡山市、倉敷市のみです。

補助対象

【耐震補強設計】
以下の(1)~(7)の条件を全て満たすものが補助の対象となります。
 (1) 要緊急安全確認大規模建築物のうち、学校、病院、児童福祉施設等、危険物貯蔵施設以外の用途であること
 (2) 昭和56年5月31日以前に工事着手されていること
 (3) 建築基準法の規定に違反していないこと(ただし、構造関係規定以外の違反の是正が行われることが確実であるものは除く)
 (4) 耐震診断の結果、倒壊の危険性があると耐震評価機関から評価を受けていること(ただし、平成25年11月25日より前に耐震診断が完了している場合、評価不要)
 (5) 耐震補強設計について、耐震評価機関から、地震に対して安全な構造であるとの評価を受けること
 (6) 他の補助金の交付を受けていないこと(ただし、耐震対策緊急促進事業制度要綱に基づく補助を除く)
 (7) その他市町村の補助要件を満たしていること


【耐震改修工事】
補強設計に掲げる条件(1)~(7)に加えて、以下の(1)~(2)の条件を全て満たすものが補助の対象となります。
 (1)耐震改修工事の結果、地震に対して安全な構造となること
 (2)その他市町村の補助要件を満たしていること 

 ※建て替えは補助の対象となりません。
 ※一部除却や用途変更を伴う場合は、知事が認めたものに限ります。

補助内容

【耐震補強設計】 補助対象経費の2/3
  ●補助対象経費の限度額:  
        ~1,000平方メートル:3,600円/平方メートル
    1,000~2,000平方メートル:1,540円/平方メートル
        2,000平方メートル~:1,030円/平方メートル
  ●補助額上限:500万円

【耐震改修工事】 補助対象経費の23%
  ●工事監理費は対象外
  ●補助対象経費の限度額:50,300円/平方メートル(その他詳細は各市の補助要綱参照) 
  ●補助額上限:4,800万円(補強設計の補助との合算額)

  ※詳細は建築物の所在する市町村へお問い合わせください。

申し込み・相談窓口

補助の申し込み、相談窓口は、建築物の所在する市町村となります。
平成29年4月1日現在、当該補助制度を設けている市町村は、岡山市、倉敷市のみです。
 ・岡山市建築指導課:086-803-1445
 ・倉敷市建築指導課:086-426-3501

岡山県要緊急安全確認大規模建築物耐震改修等事業費補助金交付要綱・別表

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップページ 組織で探す 土木部 建築指導課 岡山県要緊急安全確認大規模建築物耐震改修等事業