ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 備中県民局 備北広域農業普及指導センター H27.3 厳しさに打ち勝つ稲作を目指して「高梁地域水田農業担い手育成研修会」を開催

H27.3 厳しさに打ち勝つ稲作を目指して「高梁地域水田農業担い手育成研修会」を開催

 高梁市農業振興協議会は3月5日、JAびほく本店で市内の水稲栽培者、集落営農組織、関係機関担当者ら計42名が参集して「第2回高梁地域水田農業担い手育成研修会」を開催した。
 普及センターからは、最近の大きな出来事である「26年産主食米価格の大幅下落」の要因とともに、高梁地域の現状と問題点を明らかにした。今後の取組として「規模拡大」、「主食米以外の多様な取組」、「各種制度の有効活用」をキーワードに、各関係機関から関連方策について説明が行われた。また規模拡大に対応した稲作の省力低コスト技術として「苗箱削減技術」、「除草剤による畦畔省力管理技術」の紹介、捕獲資材メーカーから鳥獣害対策技術の説明も行われた。
 参加者らにとって、厳しい米価の中、水田農業の収支改善に向けて、どのような取組を行うべきかを考える一つの契機となった。今後も関係機関と連携し、地域の水田農業の維持・発展に向けた支援を行うこととしている。
研修会の様子
SGS用米への質問

トップページ 組織で探す 備中県民局 備北広域農業普及指導センター H27.3 厳しさに打ち勝つ稲作を目指して「高梁地域水田農業担い手育成研修会」を開催