ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 備中県民局 備北広域農業普及指導センター H27.3 新規就農者の確保に向け、受入地区の掘り起こし!

H27.3 新規就農者の確保に向け、受入地区の掘り起こし!

3月6日、高梁農林業担い手育成対策協議会(事務局:高梁農業普及指導センター)は、新規就農者確保活動視察・情報交換会を開催した。これは、高梁地域における就農希望者の受入体制整備地区の取り組みを強化するとともに、受入地区の拡大を図るものであり、既存の受入体制整備地区の他に、人・農地プラン策定地区代表者や就農アドバイザー等も対象とした。
 当日は、7地区から19人が参加し、リゾートセンター治部邸(久米南町)を会場に、JAつやま久米南町ぶどう部会における新規就農者の取り組みについて研修した後、きびプラザ(吉備中央町)に移動し、県研修制度に係る研修生受入地区の今年度の取組や受入体制づくりについて情報交換を行った。
参加者からは、新規就農者を受け入れるための研修用宿舎や住宅・農地の確保、研修生の指導方法や就農後の支援等について活発な質問や意見が出され、地域農業の担い手確保についての気運の高まりを実感できる会となった。
 今後も、個別での現地訪問や就農相談対応を継続して行うとともに、受入地区の拡大や各受入地区が行っている短期体験研修への誘導等を通じ、就農希望者と受入地区との出会いの場を提供する。
視察先で熱心に話を聞く参加者

トップページ 組織で探す 備中県民局 備北広域農業普及指導センター H27.3 新規就農者の確保に向け、受入地区の掘り起こし!