ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 備中県民局 備北広域農業普及指導センター H27.2 担い手のあり方について議論「高梁地域農業者のつどい」を開催

H27.2 担い手のあり方について議論「高梁地域農業者のつどい」を開催

 高梁農業普及指導センターと高梁市、びほく農協が主催し、高梁地方農業士会などが後援して、平成27年2月2日、高梁市文化交流館で「平成26年度高梁地域農業者のつどい」~語ろう農業!担い手が築く未来の高梁~を開催した。
当日は、認定農業者、農業士、就農アドバイザー、青年農業者など農業者と関係者などの計106人が出席した。
 つどいでは、26年度新規就農者6名の激励会に続き、プロジェクト発表として「タブーを打ち壊したゾ!~分娩前乳房炎検査の導入 その後」と題して、高梁地方新農業経営者クラブ連絡協議会の代表が活動の成果を発表した。
 その後のシンポジウムでは、「農業の担い手 現状と今後について考える」と題して、パネルディスカッションを行った。また、会場に写真や加工品を展示して普及指導センターの活動や高梁地域の6次化商品をPRした。
パネルディスカッションでは、岡山大学教授をコーディネーターに集落営農法人代表、新規参入者、農業後継者、高梁市農林課長、びほく農協営農生産部長の5名がパネリストを務め、議論を展開した。その中で、「後継型就農者にも手厚い支援が必要」、「営農・生活関連施設の維持も重要」などの意見とともに、将来への意気込みが語られた。また、市・農協から、担い手対策の現状と今後の取組について説明があった。会場からは、「どのような販売方法をとっているのか?」などの質問とともに、「認定農業者への支援を強化してほしい。」との要望も出て、活発な意見交換が行われた。
パネルディスカッションの様子

トップページ 組織で探す 備中県民局 備北広域農業普及指導センター H27.2 担い手のあり方について議論「高梁地域農業者のつどい」を開催