ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 保健福祉部 長寿社会課 後期高齢者医療費の推移
トップページ 組織で探す 保健福祉部 長寿社会課 後期高齢者医療費の推移

後期高齢者医療費の推移

 後期高齢者医療制度にかかる医療費は、被保険者の増加や、医療の高度化などにより年々伸び続けています。
 後期高齢者医療制度にかかる過去5年の一人あたり医療費の推移は下表のとおりです。

一人あたり医療費の推移

 

平成22年度

平成23年度

平成24年度

平成25年度

平成26年度

岡山県

940,887円

952,344円

949,318円

960,804円966,260円

全国平均

904,795円

918,206円

919,452円

929,573円932,290円
※数値は、後期高齢者医療事業年報(厚生労働省)によるもの

 

 

適正な受診を心がけましょう

 後期高齢者医療制度では、医療費の1割または3割を被保険者の方が負担され、残りの9割または7割は、被保険者の方の保険料、国民健康保険や健康保険等からの支援金と国・県・市町村の公費を財源としています。
 そのため医療費が増加すると、保険料や税金が上がることになります。

 皆さん、次の点に気をつけましょう。

1 同じ病気で、複数の医療機関を受診するのは控えましょう
 医療機関が変わるたびに検査・処置のやり直しになります。

2 家庭医(かかりつけ医)をもちましょう
 病歴や体質を把握してくれるので、治療効果が高まります。

3 定期検診を受けましょう
 病気の早期発見・早期治療に心掛けましょう。

トップページ 組織で探す 保健福祉部 長寿社会課 後期高齢者医療費の推移
トップページ 組織で探す 保健福祉部 長寿社会課 後期高齢者医療費の推移