ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 保健福祉部 長寿社会課 入院時の食事療養費、生活療養費 (後期高齢者医療制度)
トップページ 組織で探す 保健福祉部 長寿社会課 入院時の食事療養費、生活療養費 (後期高齢者医療制度)

入院時の食事療養費、生活療養費 (後期高齢者医療制度)

入院時の食費の負担額

 入院時の食事については、入院時食事療養費として後期高齢者医療の保険給付の対象になります。
 この場合は、下表の「食事療養標準負担額」が患者の負担となります。

食事療養標準負担額一覧表
区分食事療養標準負担額
一般の被保険者(2から4まで以外の人)  ※11食につき360円 ※2
指定特定医療を受ける指定難病の患者  ※3(3及び4以外の人)1食につき260円

低所得者2  *5

過去1年間の入院日数が90日以下 ※41食につき210円
過去1年間の入院日数が90日を超える1食につき160円

低所得者1  ※6

1食につき100円

※1 平成28年3月31日において、1年以上継続して精神病床に入院していた人であって、平成28年4月1日以降引き続き保険医療機関に入院する人については、当分の間、平成28年4月改正前の食事療養標準負担額が適用されるため、1食につき260円。その人が平成28年4月1日以降、合併症等により一の保険医療機関を退院した日において他の保険医療機関に再入院する場合や再び同一日において他の保険医療機関に再々入院する場合も同様。
※2 平成30年3月31日まで。平成30年4月1日から460円
※3 難病の患者に対する医療等に関する法律第5条第1項に規定する指定特定治療を受ける同項に規定する指定難病の患者
※4 入院日数には、他の医療保険制度及び老人保健の医療受給対象者であった期間に係るものを含む。
※5 低所得者2とは世帯全員が住民税非課税で低所得者1以外の方
※6 低所得者1とは世帯全員が住民税非課税で、各世帯員の所得がない場合、または住民税非課税世帯の老齢福祉年金受給者である場合

療養病床に入院したときの負担額

 療養病床に入院したときは、入院時の食事に加え、居住費の負担が追加され、下表「生活療養標準負担額」が患者の負担となります。
 ただし、医療の必要性が高い場合は「入院したときの食費」額が適用されます。

生活療養標準負担額一覧表

区分生活療養標準負担額
一般・現役並み所得者
入院時食事療養費(1)を算定する保険医療機関に入院している方
食費 1食につき460円
居住費 1日につき320円
入院時食事療養費(2)を算定する保険医療機関に入院している方
食費 1食につき420円
居住費 1日につき320円
低所得者2
食費 1食につき210円
居住費 1日につき320円
低所得者1
下欄以外の方
食費 1食につき130円
居住費 1日につき320円
老齢福祉年金を受給している方
食費 1食につき100円
居住費 1日につき0円

※標準負担額は、高額療養費の対象になりません

低所得の方の入院時の負担額

 所得が低い方(低所得2・低所得1)は、入院時に「限度額適用・標準負担額減額認定証」を医療機関に提示すれば、上表のとおり入院時の食費等が軽減されます。
 お住まいの市町村へ申請し、証の交付を受けてください。

 低所得2の方で、「限度額適用・標準負担額減額認定証」が交付されている期間の入院の日数が申請月を含む過去1年間で90日を超えるときは、長期入院該当の申請をしていただくことによって、食費がさらに減額されます。

トップページ 組織で探す 保健福祉部 長寿社会課 入院時の食事療養費、生活療養費 (後期高齢者医療制度)
トップページ 組織で探す 保健福祉部 長寿社会課 入院時の食事療養費、生活療養費 (後期高齢者医療制度)